投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ69件目 / 全5157件次へ »
ブログ

米中貿易問題絡みで一喜一憂すれば勝率アップは望めないかも

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月25日 水曜日

米国株について
ダウ平均は142ドル安の26807ドルで取引終了。
買い先行で130ドル高となりますが、すぐに右肩下がり。お昼前には前日値を割り込み、午後の安値では245ドル安になるところがありました。その後、大口買いで下げ幅を縮小させるも勢いは続かず142ドル安で取引終了。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.53%安(142ドル安)、ナスダックは1.46%安、S&P500指数は0.84%安。3指数揃って大きく下落。とくに、ハイテク比率の高いナスダックが大きく下げています。

〇S&P500指数の業種別動向
2業種が上昇、9業種が下落しました。
上昇率の高い順
公益、生活必需品

下落率の高い順
エネルギー、通信、一般消費財、情報技術、素材、金融、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
7銘柄が上昇、 23銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ボーイング 1.23%高、ウォルマート 0.66%高、ベライゾン 0.50%高、P&G 0.32%高、コカ・コーラ 0.30%高

下落率の高い順
ダウ 2.73%安、ゴールドマン・サックス 2.67%安、インテル 2.12%安、キャタピラー 1.89%安、ユナイテッドヘルス 1.65%安

〇経済指標
9月の消費者信頼感指数は、125.1になりました。
8月の改定値134.2から低下。市場予想も下回っています。

〇悪い展開に
----- 前日に書いていた内容です -----
株価は8月に底打ちした後、9月上旬の短期暴騰で過去最高値圏に戻していました。直近の相場は高値で揉み合う展開から、揉み合い下放れ。大きな節目となる27000ドルも割り込んでいました。

週明けの相場は104ドル安あっての14ドル高。
前週末の下落で需給関係が悪化。週明けは底固さをみせましたが、好転したとはいえません。一時的な反発に終わって再び下げるのか、27000ドルを回復して過去最高値圏まで浮上してくるのか。

今は先読みするのが難しい状況だと思っています。
このような時は無理に先読みせず「ケセラセラ(なるようになる)」で良し。
相場格言、休むも相場ですね。
----- ここまで -----

結果は一時的な反発に終わって再び下落。
悪い方へ向かっています。

〇「陰の包み線」が出現
前日の動きを完全に包み込む「陰の包み線」が出現しました。
売りが強いことを示し、経験則では弱含み。

〇米中貿易問題絡みで一喜一憂せず
日々、トランプ大統領や他の要人が貿易絡みで何かしら情報発信しています。
この情報は株価に影響するはずですが、「大きな情報」でない限りは一喜一憂しない方が良いと思っています。

少し乱暴な表現になりますが、何かしら情報発信されている為、株価が上昇すれば「良い情報」が指摘され、下落すれば「悪い情報」が指摘されるところもあるのではないかと。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。