投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ88件目 / 全5172件次へ »
ブログ

米国株は過去最高値圏での日柄調整中

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月20日 金曜日

米国株について
ダウ平均は52ドル安の27094ドルで取引終了。
午前中は100ドルを超える上げ幅となりますが、午後に入ると右肩下がりになってしまい52ドル安で取引終了。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.19%安(52ドル安)、ナスダックは0.07%高、S&P500指数は変わらず。
3指数まちまちの展開に。

〇S&P500指数の業種別動向
6業種が上昇、5業種が下落しました。
上昇率の高い順
ヘルスケア、公益、不動産、情報技術、素材、通信

下落率の高い順
資本財、金融、エネルギー、一般消費財、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
マイクロソフト 1.84%高、メルク 1.14%高、ユナイテッドヘルス 0.97%高、コカ・コーラ 0.53%高、IBM 0.53%高

下落率の高い順
ウォルト・ディズニー 2.56%安、ホームデポ 1.17%安、ゴールドマン・サックス 0.85%安、アップル 0.81%安、アメリカン・エキスプレス 0.80%安

〇経済指標
・8月の中古住宅販売件数は、549万戸になりました。
前月の542万戸から上昇、市場予想も上回っています。

・8月の景気先行指数は、前月比かわらず。
前月のプラス0.4%から低下するも、同じく低下を見込んだ市場予想よりも良い結果に。

〇過去最高値圏での揉み合いに
7月中旬に揉み合った水準で、同じように揉み合っています。

前日の「日本株について」の項で書いていましたが、前回高値まで戻してくると売りが出てきます。

----- 前日に書いていた内容です -----
前回の高値まで株価が戻ってくると、その水準で買い付けていた投資家による「戻り売り(やれやれの売り)」が出てきます。
買った後の下落で含み損。それに耐えていた投資家が、やれやれと売り出してくるのです。

また、それを警戒した利益確定売りも出てきやすい。
安く買っていた投資家は、戻り売りが出る前に先回りした売りを出してくる。
----- ここまで -----

前日のFOMCでは0.25%の利下げ。
今のところ景気は悪化しておらず、パウエル議長も「適切に行動する」という表現をずっと使い続けています。

「景気が悪くないのに利下げ」で景気を更に後押し。これは株買い材料になりますが、上記した売りが抑えている印象です。

〇短期暴騰後の日柄調整が進んでいます

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。