投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ84件目 / 全5158件次へ »
ブログ

米国株は7日続伸でも警戒感ある動き

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月13日 金曜日

米国株について
ダウ平均は45ドル高の27182ドルで取引終了。
午前中は前日値を下値としながら150ドルほどの値幅で乱高下。午後は高値付近で揉み合った後、最後の1時間で上げ幅縮小。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.17%高(45ドル高)、ナスダックは0.30%高、S&P500指数は0.29%高。
3指数揃って続伸。

〇S&P500指数の業種別動向
9業種が上昇、2業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、不動産、一般消費財、情報技術、金融、通信、生活必需品、資本財、素材

下落率の高い順
エネルギー、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
22銘柄が上昇、 8銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ビザ 1.71%高、スリーエム 1.49%高、トラベラーズ 1.42%高、P&G 1.24%高、ユナイテッド・テクノロジーズ 1.11%高

下落率の高い順
ウォルグリーン 4.31%安、ボーイング 1.91%安、ユナイテッド・ヘルス 1.75%安、キャタピラー 1.01%安、ジョンソン&ジョンソン 0.56%安

〇米中貿易摩擦の緩和期待
・中国が対米関税で16製品を除外
・米国が対中関税を先送り
・中国が大規模な米国農産品購入予定
など、双方が緩和方向へ進む動きをみせていることは買い材料ですが、米財務長官はこれらについて過度な期待を持たせない発言をしています。

株価は短期暴騰で過去最高値圏に迫る状況ですが、この程度の(米中貿易摩擦の緩和)だけで暴騰したとは考えていません。やはり、連日書いています需給面での影響が大きいのではないかと。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。