投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ105件目 / 全5154件次へ »
ブログ

米国株は反落するも「中立」という印象

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月28日 水曜日

米国株について
ダウ平均は120ドル安の25777ドル。
取引開始直後に150ドル超の上げ幅となりますが、すぐ右肩下がりになってしまい、午後の安値では177ドル安まで売られました。その後は買い戻されるも25900ドルで頭打ち。最後の1時間で売り込まれてしまい120ドル安で取引終了。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.47%安(120ドル安)、ナスダックは0.34%安、S&P500指数は0.32%安。
3指数揃って反落。

〇S&P500指数の業種別動向
3業種が上昇、8業種が下落しました。
上昇率の高い順
公益、通信、素材

下落率の高い順
金融、エネルギー、ヘルスケア、資本財、一般消費財、不動産、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
11銘柄が上昇、 19銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ジョンソン&ジョンソン 1.44%高、P&G 1.03%高、IBM 0.91%高、ダウ 0.86%高、ベライゾン 0.83%高

下落率の高い順
ユナイテッドヘルス 3.53%安、ファイザー 1.44%安、ボーイング 1.20%安、ウォルグリーン 1.18%安、アップル 1.13%安

〇経済指標
・8月の消費者信頼感指数は、135.1になりました。
市場予想は上回っていますが、7月分(改定値)135.8から少し低下。

〇上値重く
前日の269ドル高から一転、本日は120ドル安に。
前週末に623ドルも下落したことを考えると、この展開は上値の重さを感じます。

〇米中貿易協議再開への懐疑的な見方
懐疑的な見方が、早々に売りを誘ったところもあると考えています。

----- 前日に書いていた内容です -----
トランプ大統領が協議再開を示したことを好感する買いが入りました。前週末は中国が報復関税を示し、貿易問題激化への警戒感が高まっていました。

但し、これまでの経緯(交渉、決裂、米国が追加関税、中国が報復関税という流れ)から協議進展への懐疑的な見方もあり、前週末の下落を取り返すほどの勢いはなく、およそ25800ドルから25900ドルの間で揉み合う1日となりました。
----- ここまで -----

〇中立

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。