投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ9件目 / 全5035件次へ »
ブログ

暴落回避

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月13日 火曜日

8月に入り、日経平均は暴落。
およそ21800円から取引時間中の安値20100円まで、1700円も暴落。その後、3営業日続伸で戻り基調となりますが、本日の大幅安で往って来い。
これを回避することができました。唯一残した1銘柄は日経平均暴落と真逆の展開に。

日本株について
本日の日経平均株価は、229円安の20455円になりました。
米国株の大幅安と円高が嫌気されて売り先行。20400円付近で底固くなりますが、戻りも限定的でした。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1822億円、出来高は12億8249万株。
値上がり銘柄数は444、値下がり銘柄数は1655、変わらずは50銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
繊維のみ上昇、他32業種は全て下落しました。
下落率の高い順
石油・石炭、鉄鋼、鉱業、ゴム、紙・パルプ

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は29、値下がり銘柄数は191、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
電通 3.50%高、第一三共 3.10%高、丸井G 2.76%高、アドバンテスト 2.75%高、東レ 2.52%高

下落率の高い順
東宝亜鉛 17.90%安、荏原製作所 7.83%安、T&Dホールディングス 6.83%安、神戸製鋼所 6.51%安、JFEホールディングス 6.26%安

〇米国株の大幅安は大きな売り材料
ダウ平均は1.48%安(391ドル安)、ナスダックは1.20%安、S&P500指数は1.23%安。3指数揃って大幅安。11セクター全てが下落し、主力の外需も大きく売られています。ダウ構成銘柄では29銘柄が下落。この展開は日本株にも大きな売り材料。

〇円高
1ドル105円前半まで円高進行。
こちらも大きな株売り材料になります。

〇日本株も下値模索の展開に
米国株の大幅安と円高を受けて、日本株も大幅安になると予想していました。
米国株と同じく、目先は下値模索の展開になりそうです。

〇暴落回避
米中貿易問題悪化に端を発する株売りが続き、日経平均は暴落。
米国株の暴落と急激な円高が大きな売り材料になっています。


続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。