投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ148件目 / 全5163件次へ »
ブログ

チャート(経験則)よりも業績を重要視

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

7月29日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、41円安の21616円になりました。
小安く寄り付いた後に大口売りが連発すると、10時に安値となる140円安。その後、100円前後の下げ幅で長く揉み合いますが、最後にまとまった買いが入り41円安まで下げ幅を縮小させました。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆7443億円、出来高は9億6264万株。
値上がり銘柄数は952、値下がり銘柄数は1091、変わらずは108銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
13業種が上昇、20業種が下落
上昇率の高い順
海運、電気・ガス、水産・農林、情報・通信、食料品

下落率の高い順
ゴム、電気機器、金属、証券・商品先物、ガラス・土石

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は70、値下がり銘柄数は147、変わらずは8銘柄でした。
上昇率の高い順
関西電力 4.32%高、ソフトバンクG 3.88%高、川崎汽船 3.43%高、サイバーエージェント 2.69%高、日本電気 2.36%高

下落率の高い順
トクヤマ 7.42%安、静岡銀行 4.10%安、日本精工 3.12%安、ユニー・ファミリーマートHD 2.85%安、日産自動車 2.82%安

〇米国株による影響は限定的、欧州株は買い材料。
決算発表本格化で様子見する投資家は増えそうですが(決算発表銘柄には売買が集中)、少しだけ買いが優勢になる展開を予想していました。

〇米国株による影響
ナスダックとS&P500指数が過去最高値を更新。これは買い材料と考えていましたが、ディフェンシブ性の高い銘柄が買われ、主力の外需が控えめなので(日本株の買い材料としては)やや力不足という印象でした。

〇欧州株は買い材料
ドイツ(DAX)0.47%高、フランス(CAC)0.57%高、イギリス(FTSE)0.80%高。3指数しっかりと上昇していますので、欧州勢からの買いが入ると考えていました。

〇チャートよりも業績を
日経平均は、25日移動平均線が下支え。
25日線が通る21500円付近が下値となり、買い戻されています。


続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。