TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ191件目 / 全5816件次へ »
ブログ

LINEの中間決算は決済競争激化で純損失が266億円

LINEが24日発表した2019年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が266億円の赤字(前年同期は29億円の黒字)となり、スマートフォン決済サービス「LINEペイ」に関連した先行投資がかさんだようです。
スマホ決済事業でペイペイなどが仕掛けた巨額の還元キャンペーンに対抗したため、販売促進費が前年同期より120億円ほど膨らんだそうです。

売上高にあたる売上収益は前年同期比11%増の1107億円で、SNSサービス「LINE」のニュース画面での広告を含むディスプレー広告など広告収入が伸びたそうです。

営業損益は218億円の赤字(前年同期は103億円の黒字)だったそうです。
LINEペイ関連で人件費やマーケティング費用が増え、金融や人工知能(AI)などを含む「戦略事業」の営業損益は384億円の赤字だったそうです。

モバイルアプリ市場の動向は変化しやすく不確実性があるとして2019年12月期通期の業績見通しを公表していないそうです。

ペイペイなどに対抗してあれだけ広告・宣伝を打つと、費用もかさみますよね。
先行投資した分はちゃんと回収できるんでしょうかね。

3938:3,105円
1件のコメントがあります
  • イメージ
    おはようございます。

    LINE使ってますが、LINEトラベルとかLINEなんとかの勧誘がすごく多いです。

    業務拡大して収益増加と、競合他社を意識しているのがまざまざと分かります。

    IT業界競争激化のようですが、頑張って生き残って欲しいですね。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。