ドリーミー✩キャッツさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ185件目 / 全379件次へ »
ブログ

本日の成績 & マーケット動向



本日の成績 & マーケット動向


利食い益 43,466 円 損失金額合計 0


評価損益 -36,204 円 ⇒ -37,781


資産合計増減、前日比 +34,621


売建て、3銘柄8約定。   


買埋利食い、2銘柄3約定。


最近は含み損少ないので逆に深追いもなく


やけに板薄いと思ったら全体的に薄商いだったのね!



[東京 6日 ロイター] - 
日経平均<.N225> 
終値      20774.04 -2.06
寄り付き    20745.84 
安値/高値   20745.84─20842.28 

TOPIX<.TOPX> 
終値       1524.91 -5.17
寄り付き     1526.54 
安値/高値    1524.66─1532.19 

東証出来高(万株) 106841 
東証売買代金(億円) 18427.93 

東京株式市場で日経平均は小反落となった。指数寄与度の高いファーストリテイリング<9983.T>やソフトバンクグループ<9984.T>などが買われ、プラス圏で推移する時間が長かったが、前日大幅高の反動もあり大引けにかけて利益確定売りに押された。米国とメキシコによる移民・制裁関税を巡る協議や、週末の米雇用統計などを見極めたいとして様子見姿勢の投資家が多く売買は低調。日経平均は終日狭いレンジで推移した。

TOPIXは0.34%安で取引を終了。東証1部の売買代金は1兆8427億円と薄商いだった。東証33業種では、空運、情報・通信、ゴム製品などが値上がり率上位にランクイン。半面、鉱業、石油・石炭製品、鉄鋼などが軟調だった。ファーストリテとソフトバンクグループの2銘柄で日経平均を約98円押し上げた。

市場では「4―6月期企業業績が厳しい内容となる可能性があり、強気になりにくい。業績の先行きが読めない中ではポジションの入れ替えも難しく、逆張り的な売買が中心にならざるを得ない」(東海東京証券・機関投資家営業部部長の静間康禎氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、楽天<4755.T>が反発。5日、楽天グループの楽天ペイメント(東京都世田谷区)と東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020.T>がキャッシュレス化で連携すると発表したことが材料視された。半面、日産自動車<7201.T>が反落した。欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は5日、仏ルノーA>に対する統合提案を取り下げると発表。市場では両社の経営統合が日産にとってプラス材料と受け止められていたため、失望売りに押された。

東証1部の騰落数は、値上がり649銘柄に対し、値下がりが1400銘柄、変わらずが92銘柄だった。



コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。