投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ48件目 / 全4915件次へ »
ブログ

米国株は業種別で動くも全体では方向感出ず

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

4月18日 木曜日

米国株について
ダウ平均は3ドル安の26449ドル。
取引開始直後に26501ドルまで買われますが、15分で100ドル売り込まれて26400ドルまで下落。その後は、前日値を上値としながら揉み合い続けて3ドル安で取引終了。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.01%安(3ドル安)、ナスダックは0.05%安、S&P500指数は0.23%安。3指数揃って小幅安。

〇S&P500指数業種別動向
6業種が上昇、5業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、生活必需品、一般消費財、金融、通信、資本財

下落率の高い順
ヘルスケア、不動産、素材、公益、エネルギー

〇ダウ構成銘柄の動向
18銘柄が上昇、 12銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
インテル 3.26%高、ゴールドマン・サックス 3.00%高、JPモルガン・チェース 2.88%高、アップル 1.95%高、ウォルト・ディズニー 1.42%高

下落率の高い順
メルク 4.69%安、IBM 4.15%安、ファイザー 2.54%安、ユナイテッドヘルス 1.86%安、トラベラーズ 1.79%安

〇業種で明暗分かれる
インテルなどの半導体関連株とゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースといった金融株が買われました。一方で、国民皆保険制度に対する警戒感からメルクやユナイテッドヘルスなどのヘルスケアが大きく下げています。

〇経済指標
地区連銀経済報告(ベージュブック)は周知されている内容で材料視されず。

〇26500ドルが意識される

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。