投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ62件目 / 全4915件次へ »
ブログ

貿易摩擦&欧米株の下落&円高でも、売り限定&冷静

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

4月10日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、115円安の21687円になりました。
欧米株の下落と円高を受けて売り先行。200円を超える下げ幅で寄り付きますが、すぐに下げ幅縮小。後場は戻した水準でほとんど動かないまま、115円安で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9674億円、出来高は11億2275万株。
値上がり銘柄数は485、値下がり銘柄数は1572、変わらずは83銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
上昇した業種はありません。33業種全てが下落しました。
下落率の高い順
石油・石炭、鉱業、建設、その他金融、電気機器、パルプ・紙、卸売、医薬品、銀行

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は34、値下がり銘柄数は184、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
J.フロントリテイリング 3.42%高、ディー・エヌ・エー 2.00%高、日揮 1.97%高、デンソー 1.46%高、ソフトバンクG 1.43%高

下落率の高い順
出光興産 3.65%安、鹿島建設 3.17%安、清水建設 3.10%安、大林組 3.05%安、日本郵政 2.88%安

〇米国株の下落が売り材料
ダウ平均は0.72%安(190ドル安)、ナスダックは0.56%安、S&P500指数は0.61%安。3指数が揃って大きく下げていますから、大きな株売り材料。

〇欧州株の下落も売り材料
ドイツ(DAX)0.94%安、フランス(CAC)0.65%安、イギリス(FTSE)0.35%安。3指数揃っての下落は売り材料。

〇円高も売り材料
1ドル111円前半まで円高進行。円高は株売り材料。

〇米国絡みの貿易摩擦懸念
欧州との貿易摩擦は欧米の投資家による売りを誘発する為、両国からの日本株売りになればダブルパンチ。そして、次は日本との貿易摩擦懸念も出てきますから、警戒する投資家が利益確定と戻り売りを出してくると考えていました。

〇外需関連株にマイナス材料
外部環境の悪化を受けて、外需関連株が売られると考えていました。
米国株でも、ディフェンシブ性の高い銘柄と業種が下げ渋り、外需関連は軒並み売られています。

〇上出来

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。