パラちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ191件目 / 全3433件次へ »
ブログ

「素数」は、次回のMYブログ。

こんばんわ、  



相場を動かす「最大のエンジン」となるのは、巷に溢れる
マスコミの情報や、材料よりも、もっと大事な「巨大資金
の流れ」を読む事が、投資家最大のスキルかと思います。  
アハハハ


私は「時間軸」を味方に付けて、日本市場の占有率が極めて
高い海外勢の目線で、相場とは向き合いながら、資金管理は
怠らずに、様々な相場の状況に対応した投資戦術を駆使して、
投資の王道を歩み、「常勝・無敗神話」の更新を続けたいと
考えていまぁーす!  


日本の将来は、新たな世界のニーズに応える新規ビジネスの
推進を実践する民間企業の頑張りに、日本の命運はあるかと
思いまーす!  
アハハハ!

頑張れ!  
日本企業の心ある勇敢な企業戦士!  


頑張る企業戦士を、私は楽しく歌いながら、投資による後方
支援の応援も、共に頑張らせて頂きまぁーす!  


アハハハ!!
1件のコメントがあります
  • イメージ
    パラちゃんさん
    2019/2/24 19:01
    本日、図書館で借りて来た本は「素数」に関する内容の
    本ばかりなんですが・・・   
    私の好きな本の分野には、歴史や、航空力学に、童話と
    金融工学(経済本も含む)になります。  

    時々は、文学作品や、芸術作品、数学、旅行の本なども
    読みますが・・・  
    一番のお気に入りは、江戸時代から昭和初期頃に関する
    歴史の本なので「司馬遼太郎」などが書いた本は、特に
    大好きでぇーす!   
    アハハハ

    本日図書館で、何気なく目についた本の題名が・・・  
    「フェリックスとお金の秘密」  
    1952年ドイツのハンブルクで生まれた作家が書いた本
    ですが・・・  
    彼の名は「ニコラウス・ピーパー」、新聞社の経済部長
    を経て、2007年からNY特派員を務め、経済学を著作の
    かたわらで、子供たちの為に書いた本が、目についた本
    でした。  

    本の主人公であるフェリックスは、12才の設定ですが、
    著者の一人息子も、同じ12才だったと言われます。
    親子で学ぶ、経済学の本としては書き出しが、素数から
    始まります。  

    実に「面白い本」でした。
    ご参考まで。  

    その書き出しの「素数」だけでも、奥が深いのですが・・・
    次回のMYブログには素数も、簡単に書いておきます。  
    アハハハ!
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。