投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ170件目 / 全4907件次へ »
ブログ

半導体関連株が相場をけん引

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/


「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。


1月24日 木曜日


「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、19円安の20574円になりました。
前場は大きな山を形成。後場は少しずつ買い戻され19円安で取引終了。


〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆8897億円、売買高は11億4943万株。
値上がり銘柄数は1419、値下がり銘柄数は624、変わらずは84銘柄でした。


〇東証1部の業種別ランキング
25業種が上昇、8業種が下落
上昇率の高い順
証券商品先物、金属、銀行、化学、電気機器


下落率の高い順
陸運、食品、電気・ガス、サービス、不動産


〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は141、値下がり銘柄数は80、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
ニコン 6.71%高、アドバンテスト 6.15%高、SCREENホールディングス 5.94%高、SUMCO 5.02%高、富士通 4.74%高


下落率の高い順
宝HD 4.25%安、 リクルートHD 3.64%安、ファーストリテイリング 3.10%安、キッコーマン 2.91%安、ユニー・ファミリーマートHD 2.63%安


〇米国株による影響は限定的
ダウ平均は171ドル高になりましたが、IBM、ユナイテッド・テクノロジーズ、P&Gの3銘柄でダウ平均を140ドル押し上げており、これを差し引くと31ドル高。また、ディフェンシブ性の高い銘柄と業種が上昇率上位に並んでおり、主力の外需関連銘柄と業種が控えめでした。これでは日本株に対する買い材料としては乏しい。


〇欧州株による影響も限定的
ドイツ(DAX)0.17%安、フランス(CAC)0.15%安、イギリス(FTSE)0.85%安。ドイツとフランスは僅かな下落で、イギリスも0.85%程度の下落なら日本株への売り材料にはなり難い。


〇大口売買が出なければ静かな一日に


続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。