ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ59件目 / 全216件次へ »
ブログ

勝率か勝幅かの選択は、必須

2018.12.22

 短期トレードのルールは、2択だと思えばいい。「勝率高いが勝幅がちまい」か、「勝率悪いが勝幅がでかい」か。
 どちらかを選択してしまえば、トレードは苦しくなくなる。言い換えれば、混在させているから、ぐっちゃんぐっちゃんになってしんどいのだと思うのだ。
 あっちは、「しょっちゅうエントリーチャンスがある、高い勝率で、勝幅でかい」という、ありえねールールを組もうと四苦八苦した。
 そりゃあしんどかったですわ。バカとお呼びください^^;

 まず、あっちがやっている、「低勝率で勝幅大」の目安とはどれくらいですか? ってはなしだが、勝率は軽く40パーセントを切る。状況が悪ければ30パーセント切りなんか出るし、よけりゃ入れ食いだ。1000回で平均をとると、勝率30パーセン台。RR比は1:5近辺。平均勝ち幅は、平均負け幅の5倍ってところだ。

 「高勝率、勝幅小」の目安は、勝率60パーセント越え、RR比率が1:1.5くらい。
 高勝率ルールでよく使われている利確ルールが、2回以上にわけて利益確定する方法だ。1回目は損切の幅と同じ幅で利確、2回目が損切の幅の倍で利確。
 損切の幅と利確の幅が同じだと、勝率はかなり上がる。

 自分がどちらのタイプのルールをつかっているのか、しっかりと確認すれば、勝率で稼ごうとしているのか、勝幅で稼ごうとしているのかが、はっきりする。
 はっきりしたら、それで稼ぐことに注力すればいいのだ。選択しなかったもう一方を伸ばすことよりも、選択したほうを伸ばせばいいのだ。
 ここを押さえないから、トレードがしんどくなると、あっちは身をもって学んだ。

 ちなみにあっちは、勝率低いが勝幅でかいコースを選択している。
こちらのコースの場合、ルールを他人様にお教えしても、大半の人は運用できない。低勝率を、なんとか引き上げようとして、ドツボに落ちてしまうからだ。
 低勝率コースは、勝幅を上げることに注力しようぜって言ってるのに、勝率を上げるほうに走っちゃうんだよね。


2件のコメントがあります
  • イメージ
    tiko001さん
    2019/1/14 20:14
    ゆいがさんさん
    明けまして、おめでとございます。
    今年もゆいがさんのブログ、読ませて頂きます。
     さて、昨年12月に書かれたブログの中で、ロスカット無し。とあり、素晴らしいトレーダーさんと、感銘致しました。正に、神業
    どの様な銘柄を狙ったら、ロスカット無しができるのでしょうか?
    宜しければ、公開して頂けますか?
     それに、トレーダー仲間。羨ましいです。
     今年も、楽しく読ませて勉強させて頂きます。
  • イメージ
    ゆいがさん
    2019/1/22 07:24
    おはようございます。
    いやいや、低勝率を誇る私のトレードで、ロスカットなしはありえません^0^ 師匠の勘違いです
    ロスカットを減らす一番手っ取り早い方法は、ロスカットまでの巾を広げることです。これは同時に、一回負けたらかなりのダメージを食らうことと同じことになります。
    私の場合は、勝率で勝負するのか、勝ち巾で勝負するのか、決めてしまうとわりかし楽になりましたよ。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。