ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ68件目 / 全216件次へ »
ブログ

師匠と見立てが合ったとき。

2018.11.07

 カリスマとか、人気とかのトレーダーや、アナリストやらと、自分の見立てが合致することがある。そういう状態を喜んでいる人はかなりいるが、イタイ目を、何度も何度も何度も何度も見たあっちが断言しよう。その状態は、チョベリバ!!! だ。

 あっちの師匠は、ブログを書いている。トレード講座の講義録も回ってくる。したらば、師匠の現状の見立てと、自分の見立てが、クリーンヒットするときがある。
 ココロから、ココロから、『チョベリバ!!!!!』って叫んでいる。
 チョベリバ、ちょーベリーバッドでんがな!!!! ってやつだ。
 なんでか? その見立てに縛られるからだ。

 自分だけの見立てなら、舌の根が乾かないうちから、口で言うのと逆方向にだって動く。正しいのは相場様で、自分の相場観など、ちゃけのサカナにもならんと、よくわかってっからだ。

 ところがこれが、師匠の見立てと合致しちゃったり、自分が一目二目おいているトレーダーと合致しちゃったりすると、動くのが遅れるんだよね。
 師匠がこう見立てたし、○○トレーダーがこう見立てたし、ちょっとしたブレだよこの動き、なんて、潜在意識に近いような深いところで、無意識レベルで思ってしまう。

 切り遅れるだけでも最悪なのに、上乗せして、ロット上げちゃったりもしたんだよ。そういうのにかぎって、がっつりやられる。

 相場様は行きたい方に行かれる。相場の見立てが能力者たちと合致するときは、ほとんどがブレの範囲内でロスカットになる。
 だからって、短期トレーダーにとって、切るべき所で切らないなどあり得ない。たとえ一時的なぶれであっても切っていかないと、必ずしも一時的なぶれであるとは言い切れないのだ。
 だって相場様は行きたい方向に行かれるんだから。

 だれかの、特に、自分がリスペクトしている相手と相場の見立てが合ったら、それはよろこぶべき時では無く、全力で警戒すべき時だ。
 切るべき所で必ず切ると自分にいいきかせ、自分のルール通りの投入資金で入る。見立てが合ったときほど、必ずやると自分に言い聞かせる。
 このトレードは、どう入ってどう出るのか、紙に書いて見えるところに貼っておく。

 何度もイタイ目に遭って、よっく学んだ。
 信じるべきは、他人の見立てでは無く、自分の見立てでは無く、目の前の動きだ。
 やらかしそうなときには、どう行動するか、紙に書いて見えるところに貼る。
 あっちのことだから、どうせまたやらかす。転ばぬ先のなんとやらだ。

 自分は詐欺師にあったらだまされるだろう。と、自覚がある人のほうが詐欺にはあわないのだそうだ。
 たぶん、その手の考え方と似たようなものなのだろう。やらかすにしても、対処法ができあがっていれば、傷口は極小さくてすむのだと、(かなり)イタイ目をみて学んだ。

 
 



コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。