• ポイント
    ---
  • 合計ポイント
    ---
  • ポートフォリオ平均
    ---
  • ポートフォリオ合計
    ---
  • リスペクト
    ---
  • アクセス
    ---

hogetarouさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1件目 / 全166件次へ »
ブログ

無謀さがほしい。

 どうにも2014年の夏で決算でやらかしてから無謀さがなくなって肝心の時に大きく取れない近年です。
 無謀さがないからこそ即死はないとはいえ下落後の大きなリバウンドも当然ながら取れないんですよねぇ。
 とはいっても2013年とはほんと無謀だったというのは自覚してますが。
 なんたって、保証金維持率31-35%ぐらいでの持越しをしょっちゅうやってましたからねぇ。うまくはまったからこそとれたのですが下手すりゃ即死です。
 だからこそ、数日で資産半減にしたらそこから再び数日で半減前まで戻すとかいうとんでもない馬鹿なこと何度もやってたんですけどね・・・・・・・。

 今回の下落も一応なんだかんだっていつもお気に入り指標群のMACD、RCI,RSIが日経日通しで先月の24日を境に下落に転じててと前兆はあったんですよねぇ。
 しかし毎回治せないたらレバですがその時に逆ポジでつよく勝負に出るかっていうと思いのほかいかないと持ちきれない意志の弱さ。
 天井での売り、底での買いをした時ほど利確が早すぎるのはほんとどうにかしなければ。

 そのお気に入りの3指標で行くならば
日通しで見るならばそろそろ一回反転しそうな形で今日も前回の底値を割らずに現状では2番底状態なので再度大逆襲の可能性はありかなと。

 週足では39週で踏ん張っていますが
今まで強かったテクニカル指標群が軒並み反転しそうな形なのがすごい不吉なところ。
 これで仮に反転する場合ってとりあえずはいったんはいいところまで戻った後に一気に前回の安値再度割ってくるんですよねぇ。

 月足は12か月で踏ん張り中。
こっちは崩れかけでどっちに行くかは難しいところじゃないですかねー。
 踏ん張れなかった場合は24か月目指しそうですが

 とりあえずは一端のそれなりの反発はするんじゃないかなぁーとは思ってます。
 でも、あくまで指標の形が反転しそうだなぁというだけであってまだ反転しだした形ではないので下に堀そうだった場合は速攻で逃げておくのは安全性の面ではありじゃないかなぁー。
 こういう時にそろそろだからどうせ大丈夫だろうと逃げないでいるととんでもない大やけど食らうこと多いですからね。

 他に気になるといえば、vixがどこで落ち着くかですよね。
 今回は大幅反発昨日、おとといとしておきながら全然下がらずおかしいなぁーと思ってたら昨晩のあれですから。
 あくまで落ち着かない限り市場全体の心理は非常によくないってことでしょうから。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。