ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ156件目 / 全216件次へ »
ブログ

魔性のブス

2017.06.09(金)

 友人Aの新しい愛人さんが、魔性の女だっていうから見に行った。
 かなり期待薄だと思いながらも、すっ高値ヨコヨコからのブレイクアウトが、クリーンヒットでぶっとぶよりも、はるかにどこまでも期待薄だと思いながらも見に行った。

 20代、30代、いって40代前半の、まあまあ遊んでる程度の男が、鼻息フンフンなにげに自慢タラタラで、おれっちのオンナ魔性だしぃ とふいてる程度じゃ、魔性ぶりっこ女の公算が大大大なのだが、まかりまちがって本物なら、拝んでおきたいというスケベ心に負けてしまった。

 魔性ってのは、遊びまくった男が、最後にひっかかる、最悪の女をいう。恋の道行きをやれる女が魔性だ。
 と、80過ぎて魔性にひっかかった、手広く水商売をやっていたジジイに教わったことがある。

 やっぱりと思ったが、フェロモン過多の、ただの美人だった。普通に美人をつれている段階で、その女は99.9%ただの女だ。

 魔性の女ってやつは「ブス」だって相場が決まってる。友人Aよ、おみゃあほんまに、オンナ見る目が、ねーよ。
 だいたい、魔性は、美人が金持ってる男からむしり取るのとは、次元が違う。
 あ”-、はるばる見物に行ってやった片道3時間を返してくれ。

 真性の魔性はどこで拝めるか? なんだけど。
 ヒット率が高いのが、裏社会の上の方のかたや、世間におおっぴらに職業を言えないかたで、複数愛人さんがいる人、もしくは、もてまくって女性に不自由していない人のかげに、「え”====、なんであいつ、あんなブスつれてんの???? 」みたいな女性がいたら、魔性率が高い。
 美人と遊びまくってる男や、女に不自由しないはずの男がつれている、違和感を覚えるブス。そういう女性が、見つけやすいタイプの魔性である可能性が高い。

 外見や雰囲気てきには、湿っぽい、じとーっとした、地味ぃーな女。三白眼も多い。。
 間違っても、バラの花束や宝石、ハワイやブランドショップが好きそうでも、似合いそうでもない。

 金もってるだけの普通の男が、魔性を愛人にしようとする段階で、人生をなめている。
 ひっかかった男は、魔性は探して掴むもんじゃない、そんな気がなくてもひっかかっちゃって、手放せなくなる、のめり込む、おぼれちまう最悪の女だって、激苦の野草に、シロップを大量にぶちこんで飲んでいるような顔で言う。

 魔性の女は、恋の道行きができる女だという。

 道行きだぞ、道行き。普通の人間が、道行きなんかしたいのか? 
 道行きの行き先は、地獄と決まってる。そんな女に、自分からすすんで手を出してどうする。

 男をきっちり地獄に引きずり込む、ブス。
 その道が、茨っぽいか、舗装された歩きやすい道かは別にして、行き先だけは地獄行き。
 さいっあく! としか言いようがない。

 次から、おれっちの愛人ましょーだしー、という自慢話を聞いたら、「ところでそのオンナは、じめーっとしたブス?」って、確認してから見に行こうと思う。

 片道3時間の無駄はイタイ。
 片道3時間を無駄にして見に行くって、おまえこそ、ほんもののバカと笑われているこの現状も、イタイ

 

 
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。