ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ172件目 / 全216件次へ »
ブログ

茶、わびさびの名句

2017.05.18(木)

 野良茶を見つけた。それもけっこうたくさん。よっしゃ、天の恵みだ、新茶を作って飲もう! というハナシになった。
 今のチームには、世界放浪スペシャリスト スリランカ紅茶農園労働経験者や、実家が茶農家やらいるんで、それなら手作り茶やるべ、新茶飲むべ、という実に安直な考えのもと、茶作りに突入。

 まず茶摘み。
 スリランカと茶農家の孫は、その他雑魚とは、摘むスピードが10倍違う。またまたぁとかいわれそうだが、本当に10倍違う。
 ふぅ、ゼーゼーもんで手をとめて腰をポンポンしていたら、スリランカが、若くて柔らかいところの、さらに若くて柔らかいところだけ摘む、超贅沢な摘み方をしているんだから、できあがりは10分の1以下になると思え。しっかり摘まねぇか! とケリを入れてきた。

 真剣に摘み摘みすること3時間強ほとんど4時間。茶農家の孫とスリランカは、二人で10kg弱、その他は全員1kgに(全然)手が届かない。正確には500g/1人に(全然)届かない。
 今回やっている超贅沢な摘み方は、商業ベースではできないし、やらないレベルだそうだ。

 そして、蒸してもむ。
 この手もみが・・・・
 めっちゃキツい・・・ しくしく

 茶農家の孫が、わたしが昼寝に買ってたござを広げて、ござの上に蒸した茶葉を広げて、茶もみ実演してくれた。

 茶もみ工程が、ざっと5時間。
 こんなに時間がかかるもんだとは思わなかった。それでもだいぶと簡略化版なんだそうだ。

 総監督の茶農家の孫、じっさまが、手もみ名人だそうで、ちっちゃい頃から名人の指導を受けていたそうで、ド素人のわたしたちに、名人級の作業を要求する。

 手が遅いだ、もみが弱いの、強すぎるだの、もうもうもうもう、鬼軍曹だ。
 やっと終わった頃には、全員ヘロヘロ。
 そして干す。

 昨日飲んだ茶は、それはそれは美味しかった。感動する美味さだった。
 爽やかさが、全然違う。この感動は、摘んですぐに茶化したものでないと味わえない。

 感動のあまり、チームいち文芸肌のEくんが、一句ひねった。
 おお~ と感嘆の声が上がった句がこれだ。

 『手作り茶 コスパの悪さ ハンパない』

 名句だ、実に、名句だ。
 

 
 
2件のコメントがあります
  • イメージ
    シュシュママさん
    2017/5/18 08:19
    おはようございます。

    多彩?多才なお仲間がいて、楽しいですね。

    お茶作りの大変さが良くわかりました。

    野良茶は、自生している茶の木のことですか?

    私は見てもわからないかも…
  • イメージ
    ゆいがさん
    2017/5/19 09:17
    おはようございます。
    今回の野良茶は、もともと栽培されていた茶畑が放棄されて、野生化したものです。
    茶は山茶花と似ていますが、花は白くてくさいです。
    ポピュラーな木ではないので、ほとんどの人は、見てもわからないですよねー
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。