• ポイント
    ---
  • 合計ポイント
    ---
  • ポートフォリオ平均
    ---
  • ポートフォリオ合計
    ---
  • リスペクト
    ---
  • アクセス
    ---

hogetarouさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ61件目 / 全166件次へ »
ブログ

後出しじゃぁ意味がない・・・

 明日あたりに、来週か再来週あたりに日経先物17000当たりを見に行くんじゃないかなぁーと書こうと思っていたら、今日の夕方からまさかのフォルクスワーゲンが原因だと思われる下落がスタートしたっぽくて下を見に行きそうな雰囲気である。

 日足的には上にブレイクしてもおかしくなさそうな中で来週か再来週に下を見に行きそうだなぁという根拠だったのが、
 週足が雲に突入している。
 24カ月が16945であるが、週足の雲下が今週で16955、来週で16965 再来週で17090
となんともいい塩梅で揃っているからである。

 後は、為替は下に掘るのは難しいところであり、レンジをこれまた上に抜けそうでおかしくない状況ではあるが、ミセスワタナベ狩りがよく言われておりますがそれを除いて、ドル円の2番底ってまだ見に行ってないんですよね。そういえば。というわけで、合わせて下に行く可能性もあるのかなぁと思ってた次第です。

 これからは、
自分的には
買い要因
①日銀期待の買い
②郵政3社上場を成功させるための公的な買い
③現状が押し目だと思っている個人の買い

売り要因
①ヘッジファンドの解約売りが出やすい
②郵政3社上場に伴う個人の換金売り
③利上げ懸念
④世界景気減速がささやかれ始めてる昨今
⑤中国や新興国の前からある内容。

どちらかといえば売り要因
フォルクスワーゲンの不正の影響がどこまで広がるのかがさっぱり見当がつかないこととそれに伴い、自動車セクターが不調になるのではないかということ。
仮に、言われている2兆以上の課徴金が課された場合はほんとにとんでもないことになりそうである

現状、フォルクスワーゲンがどこまで爆弾となるのかさっぱり分からないのが私としては一番怖いところ。

追記
一応思いつくのだと
①フォルクスワーゲンを震源地とした自動車セクターに対する不信から自動車セクターとその下請け全体が軟調となり、影響があまりにもでかいのでその結果全体にも波及
②あくまでライバルのフォルクスワーゲンが沈没したととらえ、それ以外の国の自動車が売れると考え自動車セクターを中心とした上値追い
③今回の問題による下落は一時的だととらえすぐに何事もなかったように戻る
④大穴中の大穴でじゃぁ、排ガスの全く関係のない水素や電気自動車の研究・普及が加速するのではないかととらえそれ関連を中心に上値追い。

思いつくしなりをとしてはこんな感じですがどうなんでしょうねー。23日11時現在のCFDなんかはもう完全にいっちゃった感じですが。

ここまで。


アイマス
登場時から順位が好調で3位を維持し続けておりますがそれで7832バンナムが上がるかと思いきや
一番上がってるのって4751のサイバーエージェントっすね・・・。

2138 クルーズ
 現状は機関がちっとも返済してないことからあくまで個人の空売りを巻き込んだ踏み上げが主体ではなかろうか。GMに関しては個人の期待は高いところではあるが株価が3000円当たりをウロチョロしていた時でさえGSなども含めほとんどが返済の動きをしていないことから機関は全く期待していないのがうかがえる。日足でこのまま雲を抜けられればいいけどいけるかなぁ・・・。

2468 フュートレック 3773AMI
フートレックは材料が出て大きく上がってその後大きく下がってを繰り返してはいるが最近やたらと材料が出始めているし、四季報通りの結果に来期がほんとになるのならば今後再びちょっと期待ができるかもと。何より、大きく動く材料が最近よく出ているのが気になるところ。
 それに伴い、よく連想で浮かべられるAMI。こちらは下がってもすぐに700円台に戻ってくる。そして、下がるかと思いきや今は下がらない。よって、今後に期待している人が結構いるということである。四季報通りに2年後あたりに黒点をほんとに見通せるようになるのならば期待は持てるのだけど・・・。

3911 aiming
次の新作に期待が持てるところではありますが。

3663アートスパーク
やっぱり気になるとともにちょっと今だに強い

無理やり何銘柄か上げたけど、既存のばかりというのもありますが無理アやりあげてもやっぱりなぁと思わなくもないです。

 利益はいまだに伸び続けているものの今月は先週2敗もしてしまったのが悲しいところ。その2敗目の午後はもういいやーと見るのもやめて気分転換してましたが。それがよかったのか金曜は勝てて終われてよかったよかった・・・。
 やっぱり、一度負け、負け続けたら頭を冷やすのはとっても大事。取り返そうと維持になるとドつぼにはまるなとほんと思いました。後は、意地になってもそういう時ほど損切りを大事にと。


 郵政 
気になるところ
①枚数が多いのと成功させねばならないというのもあって、いつもはIPOの電話がかかってこないのに今回はかかってくるという話をやたらと聞く。そして、電話での押し売りがあった場合には初値割れがよくあるとも聞く。
②国策での意地の上げで初値よりも高くつくのではないかという期待
③配当が3%以上だと思いきや蓋を開けてみると2%ちょいしかない。そうなると、長期投資目的の人が果たしてどれだけ買うのかということである。

トヨタの新型株式みたいに大人気になる可能性もあるので買ってみようかなという気も強かったのだけども現状だと初値上行くのかなぁ?と結構疑問状態なので未だに参加をするのかを考え中。
郵政三社の中では銀行が一番人気っぽいですが、長期投資する気なんて微塵もないのであくまで自分の中での焦点は初値が公募価格よりも上か下かのみである。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。