• ポイント
    ---
  • 合計ポイント
    ---
  • ポートフォリオ平均
    ---
  • ポートフォリオ合計
    ---
  • リスペクト
    ---
  • アクセス
    ---

hogetarouさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ76件目 / 全166件次へ »
ブログ

相変わらず

 ええ、利確が早すぎましたとも。
6758ソニーを3390-3400あたりで空売りにはいるものの何度も1分足や5分足の近しいところで下落しては弾き返されていたので10ティックぐらいで利確してやめてたら日経が下にやってきてこれだよ・・・。
 まぁ、こればかりは運だからしょうがない。
しかし、思い通りの展開になることがめったにないのは常であるが、今まで強かったのが急に弱く、弱かったのが急に強くなってきたという風に突然流れが変わったと察知することはできるようにならねばならないのですがいまだに難しい。
 それとは別によくある上にも下にもある蓋。これに向けて外れることを期待して売買をするべきかどうかもよくなやむ。ぶち抜いて大きく動くこともあればその手まで潰されて大きく反対に行くこともある。なので、おそらくは打診程度で入っていったらラッキーという感じでダメだったら逃げるというのが一番の正解なのであろうか。

 日経なんか急に下に来ましたねー。そうそう、2階建の記事の中のコメントの一つにシャドーバンキングとあったので昨日なんかあったのかなぁーと思い先物スレなどいろいろ眺めてみるもののソースは特にない状態。
 シャドーバンキング問題は何度も騒がれているものの結局は大打撃は一度も訪れていない。しかし、火のないところで煙は立たずとも言うし、株の世界ではちょっと元の言葉と言い変えますが、噂でポジションをとり事実で決済をするというような言葉もある。
 そして、空売り規制が解除されたとたんに昨日は中国はストップ安連発である。
そのような状態なので、中国の元リスク以外にもシャドーバンキングのことも再度頭の片隅にでも入れておくのは保険として大事ではなかろうか。

 信用倍率が2倍以上、できれば3倍以上の銘柄で下げトレンド状態のようなものは吹いたら売りをやっていればそれなりの値幅が取れることが多い。まぁ、下げずに一気に上に行っちゃうというおkともありますが。
 一方で信用倍率が1倍以下とかだと連続で下げ続けて買い残が大きく売り残を上回らない限りあほみたいに強いことが多い。そして、逆に悪化しだすと一気に弱くなる。私もそうであるが、散々踏まれてやられたので新規のカラ売りも解消して後は再度踏まれるのが頭によぎり参入せずに大して溜まらないということになるのではないか。
 今年だとさんざん何度も値ごろ感で空売りを入ったファーストリテイリングとかちょうどこの形ではなかろうか。
 上がり過ぎといわれている薬品関連セクターとかエーザイとか貸借いいですもんねー。こんな感じの葉下がらない感じですし。
 小売かゲームかどっちに含めるか悩みますが業績が良かったバンナムなんかもやたらと強いですし、ゲームが崩れている中で業績の後押しがあるとはいえネクソンとかも強いですよね。
 そう、ネクソンといえばオンラインゲーム市場がいまどれだけの儲けがあるかはわかりませんがまだ結構な儲けがあるとするならばおそらく来年来るであろうTree of セイバー(伏字になったため)が果たしてどれだけ来年寄与するのか気になるところ。

 さて、話を戻して、そうなるとやっぱり空売りするとした場合は貸借倍率が悪い方が成功することが多いですなー。
 緩和期待や空き室改善などの追い風があるとはいえスコア的にはちょっと微妙ではあるが空売りが再び溜まってきている大手不動産の8801三井不動産や8802三菱地所とかかなり強いですねー。

3656klab
空売りを昨日や一昨日しとけばいいものの結局していない・・・。追撃売りがいまだに苦手でこれも克服しなければならない課題の一つである。
 さて、なぜ取り上げたかというと株をやっている中で実際にそのゲームをやっているという人も多くいると思われる知り合いから聞いた話だが肝心のスクフェスが劇場版ラブライブ後に引退者がそれなりに出ているそうな。また、いままで大した課金をしていない状態では上位に入れなかったのがいまでは食い込めるようになっているという。この知り合いも今じゃ若干の様子見状態でラブライブは来年のサンシャインに期待という状態になっているそうな。
 そうなると、主軸のスクフェスがちょっと陥落気味に今後陥落気味になる確率が高いと予想できる。では先月期待で上げたブリーチが補うのではないかという期待もあるが、スクフェスと違いちょっと華やかな衣装や水着などの脱げばいいといった感じのちょろっとしたイラストで大量の課金を集めるのは難しいのではなかろうか。どちらかというと参考になりそうなのはドリコムのワンピースのようなゲームで勝負という形であると思う。だがやはり、ゲームだけで勝負というのは厳しいというのではないかというのが私の評価である。
 で、この一連の流れがモルガンの強気の追撃空売りの理由の一つなのかなぁーと思った一昨日である。
 ほんと、何度も同じ銘柄を時たま上げる揚げ直しではなく、新たな銘柄探さないとだなぁ・・・。とはいっても、同じ流動性もありそれなりに値幅が毎日あればその銘柄で毎日取るというのも取っても大事ですが。
 クルーズやっぱり駄々下がりですなー。うまい人は決算後の4200円以上の戻りの時の空売りをいまだに握っているんだろうなぁ。


 不定期とはいえ、毎度無駄に長ったらしいこの日記をたとえ暇つぶしだとしても読んでくれる人がいるというのは本当にありがたいことです。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。