収益性
52
活発度
56
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ282件目 / 全1771件次へ »
ブログ

「英会話不要論」

英文法をないがしろにしていると、

一見、英会話を流暢に話しているように見えても、

中身がズタボロになりますよ。

 

そういう予想されるであろう言説がメインになっているのだが、

この書籍の魅力は他にある。

 

例えば、翻訳の場合。

著名な学者による翻訳ミスを提示しながら、

日本語と英語のちがいについて学べたりする。

 

また、夏目漱石がどれだけ優秀な頭脳を持った人間だったか、

垣間見えるエピソードがオモロかったりする。

 

そして秀逸なのは、母国語をないがしろにした場合の弊害についてだ。

著者が実際に遭遇してきた、

帰国子女にまつわる複数の悲惨なエピソードを読むと、

英語学習の低年齢化がホントウに大丈夫なのか不安になってくる。

 

うまくいっている確率が、

10%程度のように思われる著述を読んでいると、

なにやら得体の知れない恐怖を覚えてしまう。

 

★「英会話不要論」

  行方昭夫著 文春新書 700円+税 2014.10.20.第1刷

 

著者は言うのである。

小さいうちは他の教科も勉強しないと駄目になる。

その間に、しっかりと英文法を学んでおいて、

必要になったら、さらに英語に磨きをかける姿勢で十分である。

 

    *

 

商用メールの中に、翻訳ソフト最新版を謳うものがあった。

その翻訳プログラムの概念を知ると、

その内に、英語学習が不要になったりするのではないかと思ったりする。

 

英語で書かれた電子書籍と、

この翻訳ソフトを組み合わせたら、どーなるのか知りたくなってきた。

 

実物書籍だと高価な洋書でも、

電子書籍なら、かなり安く購入出来そうだし。

 

けれど、こんなことを言っていると、

行方先生は怒るだろう。

 

「翻訳がそんなに甘い世界ではないことを、ぼくはこの書籍で書いたのですからね」

って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。