収益性
52
活発度
55
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ285件目 / 全1770件次へ »
ブログ

「新宿鮫」が好きな女流作家

私はこれまで何度も、真面目だと人から言われてきた。

(略)

私は変化を嫌う。

特に食べ物は、「これを食べよう」と決めたら、

三年は食べ続ける。

 

以前は学生食堂のスパゲティーミートソースだった。

今はファーストキッチンの四番のセットだ。

たしか鶏肉の挟まったものだったと思うが、

名称は思いでせぬ。

 

これもすでに三ヶ月、ほぼ毎日食べている。

おかげで太った。

 

そろそろやめたいが、私の中の「真面目君」が、

「まだ極めていないから食い続けろ」と言うのでやめられない。

 

こんな私が、もう少し勤勉でマメであったなら、

東大出て警察庁に入って賄賂とかいっさい受け取らぬ

クリーンなエリートになって、

青島君(踊る大捜査線)と熱い信頼関係を結べたのに。

 

もしくは鼻つまみ者と飛ばされて、新宿鮫になれたのに。

(略)

**********************************************

 

最近、自分の不得意分野である哲学だとか思想だとかをかじっていて、

ブログの筆が止まっている。

 

他にもオモロそうな書籍を読んだりなんかしていて、

けれども、それが少しハズレだったりしていて、

ますますブログの筆が止まっている。

 

読んでみようと思う書籍が、積ん読の山になりつつある。

なので、書店へ行っても、手を出すのを控えるようになっている。

 

けれど、昨日は一冊だけ買って読了。

 

★「極め道」

  三浦しをん著 光文社文庫 495円+税 2007.6.1.初版1刷 2013.11.10.第8刷

 

この書籍は、1998~2000にかけて「Boiled Eggs Online」に書かれた

エッセイを元にしたものだという。

 

内容は笑わせることを狙った、

西原理恵子的で私小説的な、かつ自虐的なエッセイだ。

 

彼女がネコ嫌いだというのには、ちょいとショックを受ける。

街でネコを見かけると、むやみやたらに脅しをかけて楽しんでいるという。

その脅かし方が、「あんたは子供かっ!」的な戦法なので笑わせる。

その反動なのか、どうも犬が好きらしい。

 

想像通りだったのは、

彼女が大酒飲みだと言うことだった。

タバコも大好きなようだ。

 

四谷だったか市ヶ谷には、

彼女の作品を積極的に売ってくれる叔母(伯母だっけ?)さんがいるらしい。

などなど、親戚・家族一同巻き込んで爆笑エッセーを展開するところが、

西原理恵子的だ。

 

前々から思うのだけれど、

作家の小説よりも、エッセーの方をオイラは好む傾向がある。

 

エッセーには、ハズレがほとんどないからだろうか。

そんな流れで、私小説だとか、それを題材にした小説に触手が動くのだろうか。

 

 

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。