収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
78
注目度
51

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ313件目 / 全1494件次へ »
ブログ

★教師による体罰容認を(日本人の劣化)

 川崎の事件など子供の異常犯罪は典型的だが、そうでなくても最近、子供のいじめや、しつけの劣化、、、そういう中で子供時代を過ごした大人のモラル、マナーの低下は著しい。


 不況が続くと社会のモラルは低下するものだが、最近のはそれだけではない。

 新入社員の質の低下はここ10年くらい言われているが(最近はそういう新入社員が中堅になってきたので、それすら言われなくなってきた(笑))、学校教育の劣化が背景にあると思う。


 で、学校教育の劣化は、教師による体罰が抑制されるようになって、学校が弱肉強食の野生の王国になってるせいでは?、と思う。


 人間は「野生動物」として生まれ、しつけ、教育の中で「理性」を身につけ野生の「本能」を抑える術を学ぶ。 しつけ、教育がなければ野生のまま。

 野生動物は力に敏感なので、教師による体罰が無ければ、なめ放題、やりたい放題になって、しつけ、教育を施すのは困難。


 教師の卵には適正な体罰のやり方をレクチャーすることが必要。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 教師の体罰の誤りは親、同僚、上司、教育委員会などにより幾重にも監視・抑止できる。

 一方、教師の何十倍もの数の子供内でのいじめは監視が困難なうえ、体罰なくば抑止困難。

 

 こうして学校が野生の王国になれば、モラル、マナーの低下は全ての子供に及び、アホな新入社員、社会人が大量生産されるようになる。

 社会の劣化に誰も気が付かなくなる。


 体罰禁止のデメリットは容認のデメリットより遥かに大きい。


 それでも、多くのマスコミは体罰絶対反対でしょう。

 日本のマスコミ論説はなぜか日本潰し方向のものばかり。



コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。