収益性
52
活発度
55
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ444件目 / 全1770件次へ »
ブログ

「Blue moon」・・・川上弘美の遺言?

それは、私小説かと思われるような語り口で始まる作品だった。

でも、この4ヶ月のあいだ、文藝春秋に掲載されていた村上春樹の短編のように、

実は思わせぶりな創作なのかも知れない。

そんな用心も忘れなかった。

 

**********************************************

(略)悪性腫瘍だった場合、どのくらい生きられますか?五年生存率は、約十パーセントです。

来週から仕事でロシアに行くことになっているんですけれど、どうしたらいいでしょう。行って、大丈夫です。ただし帰ったらすぐに入院して下さい、手術を行います。何か気をつけることはありますか、食べてはいけないものとか、飲んではいけないものとか、してはいけないこととか。何もありません、いつもの生活で大丈夫です。

 

 大丈夫なのだ。十パーセントの確率のもとに。良性の腫瘍である確率も、悪性腫瘍だった場合の五年生存率も、供に十パーセント。きれいな数字だ。ロシアは寒いだろうか。暖かい帽子を買わなければ。

**********************************************

 

数々の作品に掲載されている川上弘美の顔写真、

若くって綺麗だったころのものを、ん十年も使い回しているのは誰の目にも明らかだ。

そうとわかっていても、『離さない』とか読んじゃうと心底ドキッとしちゃうんだから、

もうこれはしょーがない。

これも、弘美マジックなんだ。

 

それがいつだったか、激太りしている写真をオイラは目にした。

それを見て、やわらホッとしたのを覚えている。

「ほーれ見ろ、彼女もやっぱり普通の人間なのだ」

 

がその後、芥川賞選考で見た写真では、驚くほど激やせしているのだった。

なかなか見事なダイエットじゃないかと、感心していたのだけど。

それが魔坂、病気のせいだったとは・・・。

構えていたオイラの用心は、もろくも崩壊するのだった。

 

いや、ちょっと待て。

筒井康隆の書いたように、

これがエンタメ小説だったら、主人公が死ぬわけはないのだ。

 

いや、ちょっと待て。

けれど川上弘美が書くのは、いつだって純文学じゃないか。。

とすると・・・。

 

いったい、この短編はどういう落ちになるんだろう?

 

★「GRANTA Japan with 早稲田文学 01」

  早稲田文学会 早川書房 1,800円+税 

  2014.2.20.初版第1刷印刷 2014.3.10.初版第1刷発行

  「Blue moon」川上弘美 P.110より抜粋

 

★「神様」

  川上弘美著 中公文庫 457円+税 2010.5.30.17刷発行

  「離さない」P.149~172 

 

PS:川上弘美の作品で、特に「センセイの鞄」と「離さない」を読んだら最後、

   ホントウに弘美に取り憑かれてしまうので、ご注意を。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。