収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
50

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ93件目 / 全1064件次へ »
ブログ

上にゆけるか

28日の日経平均は13677.32(+463.77)。窓をあけて極めて大きな上昇を演じたが、売買高は乏しく、期末ドレッシングの疑いもなくはない。日足MACDは上昇に転じ日足DMIはマイナスと+が交錯するところに戻してきているが、一目では転換線はうわ抜けているが、雲の下限13754にも届いておらず、急降下して雲の下限を下抜けてしまった基準線13711のすぐ下にあって、順のパターンに戻ったとは言いがたい。基準線はしばらく下落しそうなので、それが落ち着き、日足が基準線、雲の下限を抜けてこないと、一目均衡表上は、なかなか、上昇へ転じたとは言いがたいだろう。もっとも週足はMACDも底打ちの兆しがみえ、以前転換線14179の下だが、一応週足は陽線で長い下ヒゲを引いており、週足のRCIは底に到達しているので、下値は固めつつあるともみえる。


NYダウは14909.60(-114.89)と下げており、基準線14945、雲の下限を下抜けている。基準線をめぐる攻防が決着していないという印象である。MACDは底打ちしているが、DMIはまだマイナスが上であり、どちらに向くかよくわからない。週足は基準線の上だが転換線の下、週足MACDはシグナルを切ってきていて、こちらも天井をうったかどうか微妙な形。


ドル円が予想外に99.12と節目を抜けてドル高円安に動いている。基準線98.18を上抜け、雲の中を上昇。日足のMACDは上昇、DMIも+。週足も基準線の上、転換線を超えてきてMACDもプラス圏に浮上してきている。


日経平均の上昇は、期末ドレッシングのお化粧も入っていると思われるが、為替のドル高円安が支えている様にみえる。株の方は、このままするする上昇するとみるのは難しそうなチャートだが、為替の方は日足基準線週足転換線の節目を抜けてきているので、もしかすると超えられなかった月足の雲の上限100.38にトライする局面になるかもしれない。そういう動きになれば、為替に引っ張られて株も上昇歩調にのることが期待される。しかし緩和マネーの縮小、あるいは中国の引き締めといった大きな流れは変わっていない。経済指標や、要人の発言でどちらをみるかで、右往左往して大きく動く事態もまたおこりかねない。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
1件のコメントがあります
  • イメージ

    こんにちは。

     

    期末のドレッシングの買いが入る可能性を私も想定していましたが、上昇が大きかった関係得行われなかった模様です。

     

    それ故に大引けに向けた14:30過ぎ頃から売り方は安心して下げを演じる仕掛けを行えたのでしょうし、日本の機関投資家が決算面で重視しているはずの時価総額よりも日経平均の上昇率が大きかったことからもそのことは照明されるように思います。

     

    逆に日本の機関投資家も好む主要銘柄で奇妙な売り仕掛けがあって大引けに向けて急速に下落する仕掛けが行われたほうが気になる相場でした。

     

    詳細をここで書くと長くなるので、良かったら私の今朝の日記をご覧下さい。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。