収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
49

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ201件目 / 全1064件次へ »
ブログ

小康状態

週末の日経平均は8401.72(+24.35) 雲、転換線 基準線8432の下  ボリンジャー TPの下MACD RCIは下落。下向基調だが、下降の勢いは強くなく小康状態。だが週足月足とも転換線の下で下降トレンドにあり、なかなか出口がみえない印象。

ダウは11866.39(-2.42) 雲 基準線11744の上 転換線12022の下 ボリンジャー TP 11866の近辺 MACDは横ばい RCIは下落。目先は節目でとまっており、膠着。週足は雲の上限をぬけられず、転換線11757でとまったところ。中期は一応上昇基調を保っているが、目先は方向感に乏しい。

ドル円は77.77 雲 基準線 転換線の上 ボリンジャー TPの上 MACD RCIは横ばい。一応ドル高含みだが、勢いはない。

ユーロ円は101.44 雲 基準線 転換線の下 ボリンジャーマイナス2σ101.26の近辺MACDは下落 RCIは底。依然強い下降基調だが、RCIが底に達しつつあり、いったん下げ止まる可能性も。

全体に様子見で動きに乏しい。しかし年内にもユーロ圏、とくにフランスの格下げがうわさされており、それが起こった場合に、どの程度動揺するかは未知数だ。だが多くの英米の著名なエコノミストは、EUのサミットは完全な失敗とみており、単なる財政緊縮は、不況を悪化させる誤った政策だと考えているようだ。財政の悪化は、不況によって生じた結果であって、危機の原因ではない。それだけを力で抑え込むのは、景気循環をコントロールするどころか、深化させてしまう愚策だ、というわけだ。オックスフォードのオローク教授などは、財政緊縮を要求するドイツの主張は、政治的なものであって、経済のロジックではない、とまで言っている。ECBがインフレだけではなく、雇用の維持を任務として掲げ、最後の貸し手として果敢に動かないと、危機が収束するのは難しいだろう。アメリカの景気指標は少し良くなっているが、欧州債務危機からアメリカの銀行がどれだけ損害を受けるか、はっきりみえていないのが懸念材料だ。だがガイトナー氏がほとんど毎週のように欧州に足を運んでいることからみて、アメリカが無傷であるはずはない。結局欧州が落ち着くまではリスクがとれないということで、一喜一憂が続くということになりそうだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。