収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
52
注目度
49

1234567890qwertyuiopasdfghjkl;さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ59件目 / 全74件次へ »
ブログ

作業をしながらふと思ったこと

引け後、いつものように紙の場帳と罫線、そして玉帖を更新させる。
エクセルのほうはプログラムが勝手にやってくれる。
また、マクロの知識がなくても日計りしなければ手打ちの入力で問題ないだろうし、エクセルはきわめて役に立つと思う。

ふと、ここでみんなの株のお気に入り銘柄に関しては全く作業を行っていないことに気がつく。
これはココのSNSにいる限りにおいては怠惰か不誠実のいづれか、あるいは両方だろう。


今後のためにせめてマーケットスピードにでも銘柄を登録しておこうと思う。
・・・あ、ここの支援企業ってマネックスとカブドットコムだったような・・・まあいいや。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    Tanpanさん (141.65point)
    2007/06/19(01:09)
    楽天っすね(^^)
    私はマネックスです。

    結構どうでも良いコメントでしたね・・
    失礼しました。

    場帳と罫線、玉帖・・罫線は聞いた事がありますがご自分で引いてらっしゃるのですか?
    場帳と玉帖はどんな事を書くのですか?
    ごめんなさい。素人なので色々知りたくてずけずけ聞いてしまいました。
  • イメージ
    Tanpanさんへ
    場帳は対象銘柄の価格推移を数字表記したもの
    玉帖はポジション、預託資産状況の推移を数字で表記したものです。

    知ってのとおりいまやオンライン証券を使わなくてもそれらのものを簡単に入手可能です。
    ただ、既製品だと自分の好みの表記法ではないのです。
    また、エクセルを使うといろいろと加工しやすいと教えてもらい、実際そう感じているので使っています。

    あと、加工の点では変更しづらいのに罫線を手で引く理由ですが、価格推移の状況によってはコンピューターに表示させると動いた絶対値は同じでもコンピューター上の相対的な大きさが表示させた時の状況で異なってきます。
    このことによる価格推移に対する錯覚の防止のために紙のものを併用しています。

    そしてこれらはコンピューターにやらせるか自分自身で記入・入力するかは別にしてもいかなる分析方法を取る立場の人間にとっても最低限必要なものと個人的には認識しています。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。