収益性
50
活発度
50
人気度
52
収益量
50
投稿量
100
注目度
50

瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ59件目 / 全525件次へ »
ブログ

上値重い

NYダウは上げ幅を縮めて終了。
日経平均は9300円近辺をうろうろ。短気リバウンド狙いが利益確定売りをだしている模様。利益確定一巡後、どうなるかが焦点。
メガバンクは堅調。


日本風力開発は10万円を突破。出来高が急増していることから、今日はだいぶ、提灯がついていると思われる。
日本風力開発は、きっと本日くらいが潮時。提灯で上値がまだあるかもしれないが上値での出来高急増は、大口が利食いしている可能性が高い。

まさにファンダメンタルを反映しない需給だけの相場。
日経に連動した大型株の動き、テクニカル的に有利になった中小型株しか動かないだろう。

再び9250割れ。しかし、ここでは支えられるようで9250を回復する。
耐え切れなくなったとき、下方向で波乱がありそうだが、おそらく試してみたレベルな気がする。(下方向なら誰も驚かないけど)

9250以下にしたい勢力と9250以上でいじめてやろう的な争い。
オプションのポジションをみてると9250以下にしたいはずだが、イジめて上になるとまた下攻め勢力が買い戻しを迫られそう。
ファンダメンタルに素直なら9250以下だろうが。

9250を明確に割れてもヘッジ売りやロスカットが限定的だが、9250も超えれない。
今晩は指標がない水曜日。ここからNYダウを下攻めするかも疑問。
昨日の値幅の範囲くらいでしか動けないと予想できるので、日経も引けにかけて9250超えで終えるのか。

9250を明確に割れた感じになってきた。買い方があきらめかけているので値崩れ注意。

結局、崩れないので買い戻しが入った。今晩米株がリバウンドしてしまうようだと、SQは9250-9500が濃厚に。売り方も買い方も、この乱高下にふるい落とされているのではなかろうか。


結局9250超えの9290で終了。
やっぱり売り方が無理して頑張ってたような雰囲気。
厚い売り板でも突っ込んで買い戻している。
これで、NYダウが続伸すれば、明日の寄り後、ショートカバーが期待できる。
まだ時間外でつけた9500をザラ場中で試していないだけに、思惑は交錯しそう。


本日のオプションの売買動向を見ると9000-9250と9250-9500で見方がかなり分かれている。
先物はゴールドマンサックスは小幅な買い越し。クレディースイスは、大幅な売り越し。
ヘッジファンド勢はまだ下を目指しているのか。
チャートも円高が進行しやすい形状。ただ、本日は水曜日であり、今晩重要指標がない。


突っ込みショートしている機関やヘッジファンドには厳しい展開。水曜日で指標がないということで上攻めが台頭。抑え切れなければ、需給的な一段高がありえそう。
今日の東京市場から、9250付近の値動きは突っ込みショートを誘っていたように思う。(ただ短に下攻めして攻め切れなかった感もあるが)

明日から、失望保険申請件数などもあるので、下げ余地を作る意味でも上昇が濃厚な気がしてきた。(明日の指標で下げるとは限らないが)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。