ingoさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ825件目 / 全1349件次へ »
ブログ

本日の株取引の成績+-0円

本日の結果は前日比+-0円でした。
現在の投資資産総額は272334円です

http://perlsystemtrade.blog20.fc2.com/blog-entry-785.html
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    わたしはシステムトレード派とは対極的なイベントトレード派です。

    とは言っても、前々からシステムトレードには興味を持っていました。

    ここ1ヶ月ほどの日記を拝見させて頂きましたが、
    2つほど教えて頂きたくて、カキコさせて頂きました。

    一つ目は、
     全体的な感触として、『システムトレード』と言う手法で
     専業は成り立ちそうな感じでしょうか?

    二つ目は、
     なぜ、Perlをお使いなんでしょう?
     非常にマイナーな言語だと思うのですが、
     システムトレードをやる上で、
     なにかPerlの強みがあるのでしょうか?

    以上、お教えいただけると、幸いです。
  • イメージ
    ingoさん (654.62point)
    2010/07/06(23:37)
    こんにちは、コメントありがとうございます。
    レス遅れてすいません。

    質問の回答ですが、まず一つめについて。
    こちらは取り組む者の本気度次第ではないでしょうか。私自身突き詰めればもっと高精度にやれると感じていますが、なかなかこちらに時間がとれず放置しているのが現状です。銘柄を分散してそれぞれ浅く投資するような、勝率6-70%のシステムを組めれば資産は増えていくはずですので、それ自体はそんなに難しいものではないと思います。

    ただシステムトレードでリスクなのはリーマンショックのような例外的な株価変動だと思います。まあシステムトレードに限らずリスクですけどね。

    次になぜPerlかというご質問ですが、単純に私自身が仕事で10年近く使っていて最も愛着がある言語だからです。Perlが他言語に比べて強みがあるかどうかはなんとも言いがたいですが、他言語でできることがPerlで出来ないことというのは殆どありません。Webから情報を収集し、データを分析して、値上がりする銘柄を分析し、ネット証券のサイトで注文を入れる、ぐらいのことはPerlで十分ですよ。

    以上、あまり参考にならないかもしれませんが・・・。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。