収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
49

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ509件目 / 全1064件次へ »
ブログ

ユーロ下げどまらず

26日の日経平均は9522.66(+62.77)テクニカルな売られすぎ水準にあったので、少し戻したものの、雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナス2σ9497の近辺、MACDは下降、RCIはボトムに到達している。週足基準線、週足転換線の下、週足雲の上限9822の下で、週足雲下限8894に向かう動き。週足ボリンジャーはマイナス2σ9623の下、週足MACDはゼロラインに接近、週足RCIは下降。目先の戻りが鈍く、目先も週足もマイナス2σのあたりにあり、下降の勢いは強く、下げどまった感はない。昨年11月安値9076、週足の雲下限8894、週足MACDのゼロラインを割り込むようであれば、底われとなって二番底を探る展開になりかねない。ただし25日との乖離率は依然極めて高く、目先売られすぎのサインがでているが、勢いはなかなかとまらないのが市場の常だ。

ダウは9974.45(-69.30)雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナス2σ9999を切り、MACD RCIは下降。長い下ヒゲを出しながらではあるが、10000ドルを割ってきた。週足基準線、週足転換線の下、週足雲上限9627をまだ維持しているが、週足ボリンジャーもマイナス2σ10041を下に割っており、週足MACDがゼロラインに接近、週足RCIも下降。目先も中期も、マイナス2σを切っており、下げの勢いは止まっていない。週足雲上限、週足MACDがゼロを切ってくると、週足雲の下限8482を試すような厳しい展開もでてくるかもしれない。

ドル円は89.62雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナス2σ89.61の近辺、MACDはマイナス圏を下降、RCIも底値圏。下げ止まるかと思われたが、再び円高にうごいてきつつあり、目先マイナス2σでドル安への圧力は極めて強い。

ユーロドルは121.79雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナスσ1.194の少し上、MACD、RCIは底ばいから反発に向かうかどうかというところ。目先下げ止まりそうになったが、ふたたびユーロ安に動いており、安値を下に破りそうな勢い。中期も長期も下げ止まる感はまだでていない。

ユーロ安がとまらない。アメリカは各種経済指標が明るくなっているにもかかわらず、中国がユーロ債の保有を見直すという話で、ユーロとユーロ圏金融機関への不安が広がって、ダウは下落。EUは、財政破綻をさけるための政策を打ち出したり、破綻した銀行の処理のための枠組みのための銀行税をつくろうとしているが、スピードが遅い。ユーロへの為替介入、ユーロ圏一体となった財政赤字対策、破綻金融機関への手当、さらには流動性の供給などあらゆる対策をとらないと、リスク回避の動きがとまらず、ユーロに下げ止まり感がでないかもしれない。とにかくユーロが落ち着かないと、反発のきっかけがつかめない感じ。ガイトナーさんの歴訪がなにか明快な成果をうめばいいのだが、、、なかなかむつかしそうだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。