収益性
76
活発度
49
人気度
59
収益量
69
投稿量
100
注目度
74

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1569件目 / 全3061件次へ »
ブログ

鳩山首相が言いたくなかった非公式会談の内容が判明

オバマ大統領と鳩山首相の食事の際の非公式会談の内容が明らかに。

オバマ大統領から、きちんと責任取れるのかと疑問を投げかけられていた事が判明。

さてどうするつもりなんでしょう?
もう適当なその場凌ぎと時間延ばしの手は通用しませんよ。
一種の最後通牒みたいなもんやん。

そりゃ食事会後に、マスゴミに会談内容を質問されても、この内容では言えませんよねww


今日になって5月末迄に方向性を決めるって急にトーンダウンしてる。
方向性ではなく決めるんじゃなかったけ?

もうマスゴミどもも隠すのやめて真実を報道しないと、国民が知らないうちに世界からかなり不信感を持って見られているということを。




「きちんと責任取れるのか」=米大統領、首相に疑問呈す-普天間移設
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041500370

 【ワシントン時事】ワシントンで12日に行われた鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領の非公式会談の際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の5月末までの決着を表明した首相に対し、大統領が「きちんと責任を取れるのか」と強い疑問を呈していたことが分かった。日米両政府の複数の関係者が14日明らかにした。
 それによると、首相は会談の冒頭、大統領に「日米同盟が大事だという考え方の中で移設問題を努力している。5月末までにきちんとやる」と解決を約束。大統領が疑問を投げ掛けたところ、首相は改めて5月末決着の意向を表明した。
 オバマ大統領の発言について、関係者は「鳩山首相に対する不信感の表れだ」と指摘した。 
 首相は昨年11月の大統領訪日時の首脳会談の際、普天間問題の決着に関して「トラスト・ミー(私を信じて)」と発言。政府関係者によると、大統領はこれに「あなたを完全に信じる」と応じた。しかし、米政府の期待した年内決着は見送られ、大統領サイドに首相への強い不信感が生まれたという。
 日本側はキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画を見直し、鹿児島県徳之島へのヘリコプター部隊の一部移転と、シュワブ陸上部(名護市など)にヘリ離着陸帯を建設する案を組み合わせることを検討している。
 しかし、米側は海兵隊の運用に支障が出ることや、地元の合意を取り付ける見通しが立っていないことを理由に反対している。(2010/04/15-12:56)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    ひさっちさん、おはようございます(^o^)

    > 大統領が「きちんと責任を取れるのか」と
    > 強い疑問を呈していたことが分かった

    国のトップの「Trust me」の言葉の重さを
    今、まさに実感しているのでしょうね。
  • イメージ
    こうちゃん こんにちわ

    >国のトップの「Trust me」の言葉の重さを

    例の10分間のオバマとの会談で、「トラストミー」と言ったのに全然進んでいないじゃないかって怒りをあらわにされたみたいですね。
    日本側関係者には緘口令が敷かれたもののアメリカ側までは無視できませんよねw

    日本のテレビは相変わらず隠蔽してますがw
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。