収益性
47
活発度
63
人気度
50
収益量
49
投稿量
100
注目度
60

miyakenさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2047件目 / 全2895件次へ »
ブログ

ETFのフェアバリュー考察 (2)WTI先物編

13fc31b5b  

日々の開示事項にNAVと対象指数の乖離率及びその計算式が記載されています。
http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/tdnetg3/20100212/64056q/140120100212022242.pdf

乖離率を固定すれば、対象指標(直近限月WTI原油先物)とドル円レートが決まると、それに対応する「上場ETFの一口あたりの純資産総額」が決まります。
WTI先物はGlobexで24時間取引されていますので、日本の市場時間もフェアバリューが求まります。

WTI先物の取引時間と取引期限は↓のとおりです:
http://chartpark.com/wti.html

WTI先物の価格は、↓のとおり:
http://data.tradingcharts.com/futures/quotes/CL.html
http://data.tradingcharts.com/futures/quotes/CL_.html
http://www.bloomberg.com/markets/commodities/energyprices.html

取引所は、ETFの乖離率を日々公開しています:
http://www.tse.or.jp/rules/etf/etf_kairi.pdf
http://www.ose.or.jp/data/stocksdata/etf_kairi.pdf

作成日が2/12(金)のPDFに記載の乖離率とは、2/10(水)付の基準価額と2/10の取引所終値から計算したものです。
2/10(水)付の基準価額とは、日本時間2/10未明のWTI先物終値と2/10の午前10時頃の為替レートを使って計算したものです。
そうして求めた基準価額を2/10の終値と比較しているわけです。
価格が安定しているときならこのような比較でいいのかもしれませんが、
終値と比較するのなら、終値がついた時刻のWTI先物価格と為替レートを使って計算した予想NAVと比較したほうがいいでしょう。
まあ、日本市場が開いてるときは、WTI先物の取引はあまりありませんが。。。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。