agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ10802件目 / 全25319件次へ »
ブログ

大引け概況(9月16日)



大引け
■日経平均:10270.77(△53.15)
■TOPIX:931.43(▼1.09)
■売買高概算:1952.51百万株
■値上がり銘柄数:506
■値下がり銘柄数:1045
■日経JQ平均:1253.19(△0.37)
■マザーズ指数:463.93(△0.62)
■ヘラクレス指数:625.42(▼3.42)
■ドル円:90.87 - 90.90
■ユーロ円:133.47 - 133.52

今日の東京株式市場は続伸して始まった。昨日の米国株式市場が続伸したことや、外為市場で円高が一服していることなどを受け、東京株式市場は買いが先行した。日経平均は71円高で始まった後、堅調に推移した。今週末からの大型連休を前に株価指数先物を買い戻す動きもみられたという。国民新党の亀井静香代表が郵政・金融担当相に就任する見通しであることが明らかになった。亀井氏は、自民党時代、政調会長として株式譲渡益課税や配当課税の軽減など株価対策をまとめたことを好感する向きもある。一方で、郵政民営化見直しはじめ小泉改革が全面否定されるようであれば、外国人投資家が日本株売りに動きかねないとの懸念もあった。

後場に入って、上海市場を除くアジア株が全般に高く推移していることもあり、日経平均は上げ幅を拡大。日経平均は一時176円高まであったが、その後は伸び悩んだ。新政権については、期待感は強いものの、新しく起用された各大臣がどのような姿勢で臨むのか、あるいは政策実行力がどの程度のものかに対する不安感もあり、手放しで歓迎する雰囲気にはなっていない。また、景気の先行きへの不安も強く、上値を追う動きとはならなかった。

JASDAQ、マザーズ、ヘラクレスはやや買い先行で始まった。ヘラクレスは買い一巡後は伸び悩んだ。後場は日経JASDAQ平均、マザーズが上げ幅を拡大する場面があったが、その後は3市場とも売り優勢となった。

■1部売買代金上位(株価:円)
みずほ 195 (▼3)
キヤノン 3700 (△150)
三菱UFJ 526 (▼9)
GSユアサ 837 (△26)
トヨタ 3710 (▼40)
三井住友 3560 (▼70)
三菱商 1926 (△11)
野村HD 714 (▼5)
ホンダ 2810 (△15)
ソニー 2475 (△55)

■1部上昇率上位(株価:円)
大和システム 297 (△48)
フージャース 13390 (△2000)
宮越商 747 (△100)
鬼怒ゴム 205 (△27)
シークス 866 (△100)
ゼクス 1700 (△180)
日ケミコン 392 (△35)
三井化学 344 (△24)
ステラケミファ 4920 (△340)
KIMOTO 850 (△58)

■1部下落率上位(株価:円)
プロミス 632 (▼61)
エスリード 1111 (▼103)
松 屋 734 (▼64)
フェイス 12810 (▼970)
日本MDM 305 (▼23)
香川銀 360 (▼27)
パスコ 175 (▼13)
イハラケミカル 324 (▼23)
M&A 429000 (▼30000)
ランド 86 (▼6)

■1部業種別騰落率上位
鉱業 △1.85%
電気機器 △1.44%
ゴム製品 △1.31%
精密機器 △1.13%
非鉄金属 △1.13%

■1部業種別騰落率下位
その他金融業 ▼2.63%
空運業 ▼2.03%
パルプ・紙 ▼1.95%
銀行業 ▼1.85%
倉庫運輸関連 ▼1.58%

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。