収益性
75
活発度
48
人気度
58
収益量
69
投稿量
100
注目度
100

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1939件目 / 全3061件次へ »
ブログ

消毒液ない、学校困った 納品1~2カ月待ち

以前自身の日記でも取り上げた消毒液ですが、完全な品薄でフル生産でも需要に追いつかず、学校では消毒液の入荷に1ヶ月以上掛かるという話のようです。

先に日本精化が暴騰し、3日くらい前からはダイソーが急騰してますね。

マスクもそうですが、消毒液メーカーもますます注目集めそうですね。




消毒液ない、学校困った 納品1~2カ月待ち
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2009090302000233.html

 新型インフルエンザが流行期に入り、各地の薬局でマスクだけでなくアルコール消毒液も品薄になっている。メーカーは工場をフル稼働して生産するが、注文に追いつかない状態。新学期を迎えた学校は入荷待ちの状況にやきもきしている。厚生労働省は「消毒液がなくても、うがいや手洗いで予防を」と呼びかけている。

 名古屋市千種区のドラッグストアでは、消毒液の棚だけ商品が置かれていない。「8月20日ごろから品切れ状態」と同店次長(24)。棚の前では区内に住む女性(56)が「消毒液を買ってはあるが、残り少ないので心配」と不安そうだ。

 全国に484店舗を持つスギ薬局(愛知県安城市)は、8月中旬に新型インフルエンザの死者が出てから、消毒液の売り上げが前年比で40倍に伸びた。東海3県で109店舗展開のスギヤマ薬品(名古屋市千種区)も、同市で死者が出た同19日以降、売り上げがそれまでの10日間に比べて3・5倍に増えた。

 メーカーは生産に躍起だ。最大手の健栄製薬(大阪市)は「お盆明けからの2週間で1年分の注文があった」。冬の流行に備え11月から増産する計画だったが、予想よりも早く流行期が到来。今は納品まで最低2カ月かかるという。

 商品の写真が新聞などに載ったアルボース(同市)の黒川雅司開発部長は「例年の10倍以上製造している。社業58年でこれほど注文が舞い込んだことはない」と驚く。

 品薄状態に、各学校は戸惑っている。1147人の児童が通学する名古屋市西山小(名東区)は8月末、業者に消毒液を注文したが「1カ月かかる」と言われた。苦肉の策として、注射時に使う医療用エタノールの代用も考えている。

 同市江西小(西区)が手に入れた消毒液は注文した半分の5本。残りが届くのは1カ月先で、「手洗いうがいを徹底して、ひとまず5本で予防に努めたい」と話している。

 厚労省新型インフルエンザ対策推進本部は「消毒液がなければ予防できないわけではない。うがいや手洗いの徹底を」としている。
2件のコメントがあります
  • イメージ
    みみおさん (488.43point)
    2009/09/03(21:35)
    こんばんは

    1か月先では、遅すぎますね。静まってるか、流行り過ぎて学校が休校か。困ったものです。

    スギ薬局もスギヤマも行ったことあるなーと思ったらソースが中日だった。なるほど。
  • イメージ
    みみおさん こんばんわ

    ソースは中日新聞夕刊ですw

    1ヶ月後に沈静化しているかといえば???ですが、今の段階でこんな状態だと本格的なシーズンの冬場には一体どうなっちゃうんだろうと、今から心配になりますね。

    消毒液メーカーは例年にないような、絶えずフル生産状態でしょうね。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。