収益性
41
活発度
0
人気度
80
収益量
44
投稿量
62
注目度
56

金の延べ棒さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ20件目 / 全257件次へ »
ブログ

wikipedia

wikipediaはかなり使っています。

私は4ヶ月の娘がいて、ふと、「親バカ」の使い方を調べるためにwikipediaを使いました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E7%85%A9%E6%82%A9

子煩悩って出てくるわけですが、中身を見てみると、問題として捉えた文面を多く感じます。

実際のところは「親バカだなぁ」とか愛情を込めて使われることが多いと思いますが、なんだかニュアンスが違いますね。

冒頭に
「この記事は中立的な観点に基づく疑問が提出されているか、あるいは議論中です。」
とありますが、そうだよなぁ、と私も少し疑問を投げかけたくなりました。


私が使っている「親バカ」という単語はいろんな情報と使い方を外部から吸収して自分で解釈して使っていますよね。辞書などはそんな大衆が用いている言葉を大衆が意図した内容に近い説明をしなきゃいけない。難しいですね。

wikipediaはすさまじいインターネットのパワーも感じますが、いかんせん人が集まって作っているもの。自分の解釈や疑問を抱くこともとても大事じゃないかと思いました。

・共通認識→言語化
人が集まって生まれてくる言葉が持つ共通認識を
同じく人が集まって詳しい言葉にしているのに、
偏った意見になる。

面白いっすね。本当に大衆の共通認識を言語化できる仕組みができあがったら、すさまじいことだと思います。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
5件のコメントがあります
  • イメージ
    ちなみにアンサイクロペディアという偏った方向から書く意見もあります。ある意味笑えるのですが、知識を持っていないと面白おかしく捻曲げて書けません
    http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
  • イメージ
    言葉は生き物ですから、途中で意味が加わったり、変化したりって事がありますよね。

    今は「女心と秋の空」ですが、昔は「男心と秋の空」だったそうです。

    秋の空と同じく、言葉も移ろいやすいものなんですね、きっと。
    すぐに編集できるwikipediaも移ろいやすい言葉に柔軟に対応する道具なのかもしれませんね。
  • イメージ
    Osirisさん (52.84point)
    2008/08/24(20:10)
    金の延べ棒さん こんばんは

    wikipedia って、言葉の歴史を作り続ける辞典みたいですね。

    たまに使いますが、まだまだ発展途中のようです。
  • イメージ
    gangan0403さん (-220.1point)
    2008/08/25(21:14)
    結構、便利でよく使わせてもらっています。
    ネットの情報はあまり整理されてないことが多いので、重宝しています。
  • イメージ
    碧巌録さん (対象外)
    2008/09/01(23:22)
    はじめまして。金の延べ棒さん,ご来訪ありがとうございました。

    Wikipediaは,最初放置状態でしたが,いろいろな「荒らし」問題がおき,今はボランティアグループで,記事の査読や一方的な書込みを削除・凍結するなどの処置をしているようです。

    外国では,実名ユーザーの書込みが主なのですが,日本では匿名ユーザーが多く,中にはわざと間違ったり,流言を流したりするユーザーもいるみたいです。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。