収益性
63
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ243件目 / 全3594件次へ »

2016年6月3日(記録のみ)

日経平均 ; 16642.23 (+79.68)
TOPIX ; 1337.23 (+5.42)
JASDAQ指数 ; 2545.79 (+6.72)
マザーズ  ; 1137.99 (+29.52)

本日も記録のみ。日経平均は3日ぶり反発、雇用統計前の買い戻し・・・というか、上昇分のほとんどがファーストリテイリングなんですね。夜の雇用統計発表でまた円高に振れましたし、週明けは厳しいスタートになるのかなあという感じです。

------------------------------

日経平均は79円高と3日ぶり反発、ファーストリテの指数プラス寄与分76円=3日後場
6月3日(金)15時31分配信 モーニングスター

 3日後場の日経平均株価は前日比79円68銭高の1万6642円23銭と3日ぶり反発。後場寄り付きは、昼休みの時間帯に日経平均先物が強含んだ流れを受け、買いが先行した。その後、円強含み推移とともに上値の重い動きが続いたが、後半には持ち直し、午後2時45分に1万6642円52銭(前日比79円97銭高)まで引き戻した。今晩に米5月雇用統計の発表を控え、全般様子見気分のなか、ファーストリテ <9983> の株高が指数を支える格好となった。同社は、5月度の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比5.9%増となり、株価が大幅反発し、日経平均プラス寄与分は76円に達した。

 東証1部の出来高は16億7049万株、売買代金は1兆7695億円。騰落銘柄数は値上がり1196銘柄、値下がり600銘柄、変わらず160銘柄。

 市場からは「円が強含んでいる割りには底堅い動きだ。ただ、米雇用統計を控え、目先的な売買が中心。日米金融政策やイギリスのEU(欧州連合)離脱を問う国民投票などの重要日程をにらみ、積極的にポジションを傾けづらい状況にあり、方向性も見極めにくい」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、SMBC日興証券が目標株価を引き上げた日水 <1332> や、マルハニチロ <1333> などの水産農林株が上昇。ファーストリテ <9983> 、7&iHD <3382> などの小売株や、JT <2914> 、カゴメ <2811> などの食料品株も買われた。出光興産 <5019> 、コスモエネHD <5021> などの石油石炭製品株や、JR西日本 <9021> 、JR東日本 <9020> などの陸運株も高い。

 個別では、築地市場と協業し電子商取引「いなせり」を今秋からスタートする日本エンター <4829> が値上がり率トップ。16年6月期の単体業績予想を上方修正したペプチドリーム <4587> や、15年11月-16年4月期の連結営業利益13%増とほぼ会社計画に沿った着地と報じられたクミアイ <4996> も上伸。ブレインパッド <3655> 、ケンコーマヨ <2915> 、日電波 <6779> などの上げも目立った。

 半面、みずほ証券が投資判断・目標株価を引き下げた東ガス <9531> や、東北電力 <9506> などの電気ガス株が下落。日本取引所(JPX) <8697> 、アイフル <8515> などのその他金融株も売られた。新日鉄住金 <5401> 、日新製鋼 <5413> などの鉄鋼株や、富士通 <6702> 、横河電機 <6841> 、JDI <6740> などの電機株も安い。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株もさえない。

 個別では、ライフコーポ <8194> 、新日科学 <2395> 、セイコーHD <8050> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、24業種が上昇した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2016/06/03(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。