元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ83件目 / 全1667件次へ »

「妖怪に、書かされているような気がする」

「何かこう、自分の後ろに妖怪のようなものが立っていて、

 それに自分が書かされてきたような気が、ずっとしているんですよ」

 

11/30、あちこちの民放で、

そんな生前のインタビューの模様が放映されていた。

 

このあいだも書いたように、

作家というのは、やっぱり霊能者と似ているのかも知れない。

 

転じて、一般の人々の意識にだって、

そーいうことがあるのかも知れない。

 

自分の意思で行動しているようでいて、

実はそれ、誰かが脳内でささやいていて、

それを聴いている自分は、その声は自分の意識だと思い込んでいるだけなのかも知れない。

 

その声が犯罪をそそのかすようなものであれば、

抗わないといけないけれど、

犯罪ではないのであれば、

自分の魂から聞こえてくる声に、素直に従った方がイイような気がする。

(デイトレードでは、ホントにそーしている)

 

水木しげるの作品、特に「ゲゲゲの鬼太郎」が読者に与えてきた影響は絶大だ。

 

オイラの場合には特に。

忘れた頃にまた、ふっと思い出して、

かつて存在していたマエストロ掲示板だとか、

このブログにゲゲゲのキャラクターを登場させてしまうし。

 

日経平均先物の売り1,000枚以上の攻撃を目にする度に、

「砂掛けババア」を連想してしまう。

 

ついつい何となく、

たいして読まれてもいないブログだというのに、

「ポジショントーク」をしてしまう自分に気がつくと、

「あーオイラって、実はネコの皮を被った、ビビビのねずみ男なんだなぁ」

などと、妙な感慨にふけったりもする。

 

そーいえば、

昨日書いた桜庭一樹は、水木しげると同じく鳥取の出身だというので、

ゲゲゲの話を書籍などでよく書いている。

桜庭一樹だって、水木しげるの影響を大きく受けているのは間違いない。

(ここ重要)

 

桜庭一樹の作品に、持ち前の茶目っ気を発揮して、

ゲゲゲのキャラが一瞬でも出てきたら、オモロイのにと思う。

 

 

 

 

登録日時:2015/12/01(00:50)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。