収益性
53
活発度
58
人気度
51
収益量
51
投稿量
94
注目度
60

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ168件目 / 全1751件次へ »
ブログ

桜庭一樹マジック

もうオイラ、異様に気に入ってしまったようで、

すっかり一樹の作品に、はまり込んでいる。

 

いちばん好きなのは、杉江松恋が言うところの「茶目っ気」。

 

何作か読んできたものの、付箋を貼り忘れたので正確ではないのだが、

例えばこんな表現が気に入っている。

 

1 ”でっぷりとした尻”:「スカイブルー」

2 ”海からはザバッザバッと潮のうなる涼しげな音が”:「少女には向かない職業」

3 ”午前零時になると、大臣の上でくるくると回る少女たち”:「道徳という名の少年」

 

1と2みたいな表現は、川上弘美とか山田詠美とかだったら、絶対にしないだろう。

夢枕獏だと、「ぼくは擬態・擬音語を絶対に使わないんだから」と書いていた。

そういうことを敢えて狙って書いているところが、オモロイ。

 

「でっぷりとした尻」

 

「ザバッザバッと」

 

最初に一瞬の笑いが来るのだけれど、その直後にやってくるのは、

「へー、一樹って、そういうこと言うんだぁ」っていう、不思議な萌えだ。

この感覚を一度味わってしまうと、他の作品にもこういう表現があるに違いないと想って、

さらに触手が伸びてしまう。

 

    *

 

次にオモロイのは、各作品の有するエログロさ。

ここでもやっぱり「へー、一樹って、そういうこと考えちゃうんだぁ」っていう、

不思議な萌えに襲われる。

 

田中慎弥「共食い」の場合には、

「なんでこんな気持ち悪い作品書いちゃうんだろうな、あいつは」と感じたのに、

桜庭一樹がエログロ書くと、逆に萌えてしまうという不思議。

こんなのは、実に不公平な話だと思うけれど。

 

結局オイラは、作品自体に萌えているというより、

作品表現を通して、

桜庭一樹という作家そのものに、不思議な萌えを感じているようだ。

 

もう、完全に中毒患者になりはてているオイラは、

これから桜庭一樹の作品を、全部読むことになってしまうだろう。

 

すでに「伏」とか、買ってあるし、

これから「赤朽葉家の伝説」を読むところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。