証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

どんでん返しの雇用統計とダウ上昇

 昨日は米国雇用統計がどんでん返しの悪化なのにダウ上昇。

 これはフライングの利上げになる可能性が減ったからでしょう。

 米国の利上げの前に日欧、中国、新興国の緩和措置がある可能性が高く(新興国ではすでに利下げチラホラ)、それによりフライングの利上げになる可能性が減る、、、そういうわけでしょう。


 雇用指標がまずまずいいのがFRBの利上げの根拠でしたが、他の経済統計(製造業など顕著)を見ると、まだ危うい面がある。

 製造業が米国経済に占めるウェイトは低いのですが、インフレ率の低迷からはやはり緩和不足が示唆される。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 経済統計から利上げ環境が整ってるか疑問符がついているのにFRBが利上げ積極姿勢。

 このギャップがある間はダウは不安定。


 それでもダウの反発力は強い。


 これは米国人のキャラのせいではなく、FRBと日銀の金融政策のスタンスの差異のため。

 景気中立を維持しようとしてきたFRBと、(政治の)スキを見つけては景気を落としてきた日銀(財務省)の差異が、日米株式市場のリスク選好性の差異になっている


 10/6は日銀の緩和無しの確率90%

 10月中に日銀の緩和があっても(昨年暮れの黒田パニック緩和同様)小出し、不足にされる確率80%と見ます。


 アベノミクス第二章は財政出動(社会保障系メイン)に偏る可能性が高い。

 将来の増税の芽を潰さぬよう景気は抑える画策by財務官僚が未だ続く(--;


 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2015/10/03(16:49)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+8.4%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

77.1 22.9
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,765.47

▲ +268.78

TOPIX

1,512.69

▲ +22.07

JASDAQ総合指数

118.76

▲ +0.07

米ドル/円

113.44

▼ -0.30

ユーロ/円

122.36

▲ +0.05

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ