収益性
53
活発度
58
人気度
51
収益量
51
投稿量
94
注目度
60

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ206件目 / 全1751件次へ »
ブログ

山本譲二が売りつける、吉幾三の壺

かつて藤沢のスナック門で出会った作曲家の三島大輔は、

オイラの高校時代の同級生であった男の父親だ。

でっぷりとしたその体型は、

誰がどーみたってヒッチコックそのものだった。

 

その時は、先物業者と一緒に飲みに来ていた。

三島の話は、異様にオモロクって、

オイラは自然と話の輪に加わってしまっていた。

 

ついこの間まで、三島は「みちのく一人旅」の作詞家だと思っていた。

ネットで調べたら、作曲家ではないか。

彼が作詞家だと言ったのは、スナック門のママなので、

オイラは人のせいにする。

 

ところで、さっきTVで偶然見つけた話なんだけど。

山本譲二が、デビュー40周年記念で、

親友である吉幾三からもらった、吉幾三制作の壺をネットで売るのだという。

https://minne.com/category/saleonly?utf8=%E2%9C%93&q=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%AD%B2%E4%BA%8C&commit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

 

リンクしたのが、その壺だ。

悪いけど、すばらしくダサイ壺となっている。

使い道なんかなさそうだし、

しかも刻まれている「吉」の字が、何ともいただけない。

 

その価格は11万円だという。

益々いただけない。

なので、今現在も売れてない。

 

ところがオイラの場合、

もう後すんでのところで、

「カートに入れる」ボタンをクリックしそうになっていたのだ。

 

なんとなく、オイラの直観がそのダサイ壺を買えといっている。

三島大輔との縁があるので買った方がイイと、誰かがささやいている。

 

オイラは今の今まで、クリックしたくてたまらなくってプルプルしている右腕を、

必至に左手で押さえていたんだ。

 

未だに迷っているが、

きっとこのまんま売れ残り続けていたら、

その内に値段が下がったり、何かオマケが付くかも知れない。

オイラは、その瞬間を狙うつもりでいる。

 

万が一、売れてしまったら、

その代わりに夢枕獏の焼き物でも、

小田原まで買いに行くからそれでイイヤと思っているのだ。

 

11万円あったら、相当買えるに違いない。

そんなに買ったら、ひょっとして酒でもごちそうしてくれそうだし。

そっちの方が、オモロイかも知れない。

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。