収益性
50
活発度
59
人気度
53
収益量
50
投稿量
92
注目度
67

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ190件目 / 全1718件次へ »

「Novel 11, Book 18」

正直、帯に書いてあるセールストークほどの感動は受けなかった。

 

けれども、いわゆる「静かな小説」と言われるであろう文体と、

ミステリー的な話の持って行き方(ストーリーテリング)は、参考になる。

それに、こういう雰囲気の小説を好む読者というのも、いるに違いない。

 

「静かな小説」というのは、

まずヒットしないというのがもはや法則になっている感がある。

そんなことを、

「サリンジャーと過ごした日々」を書いたジョアンナ・ラコフが作中で述べている。

 

「Novel 11, Book 18」には、会話がほとんどない。

そういう文体も、「静かな作品」には共通しているのかも知れない。

 

江國香織の訳した「パールストリートのクレイジーな女たち」も、

「静かな作品」だ。

 

これら三作を比較すれば、

ミステリー的なストーリーテリングという要素が最も高いのは、

「Novel 11, Book 18」だろうとは言える。

 

言えるけれども、やはりこれは「静かな作品」なのであって、

「新宿鮫」のような訳にはいかない。

 

★「Novel 11, Book 18」

  ダーグ・ソールスター著 村上春樹訳 中央公論新社 1,700円+税

 

以下は、オイラの妄想だけど。

 

作中、「父と子の関係」が話題になる部分がある。

オイラにとってこれは、大いなるセレンディピティ。

この文章の意味がわかるのは、恐らく世界でたった一人。

 

そんな寂しいこと、言ってくれるなよ。

「ドライブ・マイ・カー」を読んだときのような気持ちになった。

 

けれどもこれは、ダーグ・ソールスターが書いたことだ。

なのでこれは、世にも不思議なセレンディピティなのだった。

 

 

PS1:「素人のブログなんて読まない。たった一人を除いて」

    そういうことを、あっち向いたまんま書くんだねー。

    まったく、ひとたらしー。

 

PS2:癪だから、いろいろ知らんぷりしてようと思ったけれど。

    セカンド守ってたんだー、そーなんだー。

 

 

 

 

 

 

 

 

登録日時:2015/07/08(01:49)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。