元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ257件目 / 全1667件次へ »

「光」 三浦しをん ~オイラが五右衛門になった瞬間~

(略)島じゅうの山に咲きほこっていた、不吉な赤い花。

どうかしていると思った。

そんな名前を娘につける信之も、獣のように輔(たすく)のまえに這いつくばっている女も。

 

「椿が変質者にいたずらされた。あなたのアパートに行った日に」

だからもう会えない、と南海子(なみこ)は苦しみを絞るように言った。

 

輔は見上げてくる南海子の視線を慎重に受け止めた。

引き止めてほしがっているのか、「わかった、じゃあね」と言ってほしがっているのか、

どちらだろう。

いずれにせよ、決断を輔に委ねる、おもねるような色があった。

 

こうなると思っていた。こうなればいいと思っていた。

子どものころから、ずっと。

大きな波がやってきて、すべてを海にさらっていく。

 

誰かを痛めつけたものは、いつか必ず復讐される。

見て見ぬふりをしたものも、

暴力の庇護下でのうのうと平安をむさぼるものも、

みな例外なく報いを受ける。

 

**********************************************

★「光」

  三浦しをん著 集英社文庫 2013.10.25.第1刷 2014.6.7.第4刷 P.162~163より抜粋

 

1 南海子という名前 → オイラが今世話になっている会社の会長名は南海雄という。

2 黒川という名前 → 相手方の解雇された社長名ではないが、歴代にこの名前が君臨している。

3 信之の職業 → 川崎市の公務員である(オイラは県職だった)

4 椿 → 作品の冒頭から出てくる椿は、この作の象徴である。

      椿というと、オイラの大好きな黒澤映画の「椿三十郎」を想起する。

5 光 → これはオイラが体験した白旗神社で遭遇したものだ。

      何とも言えない暖かみのある、光のモールス信号。

      それから、オイラの大学時代の他界したボスは、「ヨード卵光」の発明者だ。

 

これに昨日書いた関連の3点を加えると、

この作品はオイラにとって、相当に因縁めいた物語となっている。

 

そして、上に上げた赤字の部分は、まるでオイラの心中を代弁するものになっている。

 

   *

 

初代ルパン三世のシリーズの中に、

ルパンと石川五右衛門が最初に対立していながら、最後には仲間になる物語がある。

傑作だとオイラは思っている。

 

オイラにはこのルパンが、村上春樹に思えてきている。

石川五右衛門が、オイラなのである。

 

五右衛門は、結局は師匠だと思っていた男に騙されていたのだ。

(県職上部は、魑魅魍魎どもに支配されていたのだ)

それを結果的に、ルパンが救うというシナリオだ。

 

デイヴィッド・ゴードンは米国人のなのだから、どうどうと拳銃を所持できる。

なので、彼は次元大介だ。

 

となると・・・。

峰不二子ちゃんは、三浦しをんってことになっちゃうんだな、これが。。

 

   *

 

「光」のラストシーンは、真っ赤な椿が咲き乱れる情景で終わっている。

「椿三十郎」では、赤でも白でも、椿が隣の家から小川を流れてきたら、

それが攻撃開始の合図なのであった。

 

オイラの受けた傷から流れ出た血が、

三浦しをんを刺激して「光」が生まれたかのような錯覚を覚えるしかない。

 

あるいは、この作品が生まれたのは、オイラの免職前のようだから、

錯覚でないとしたら、それは予言になるのだろう。

 

だとしたら、「1Q84」と組み合わさるとこれは、

ペンという武器を通じた相当な武力になるのではないか?

 

PS:このあいだTV東京の番組を視ていたら、

   日本の観光地で外国人に人気があるのはどこなのか発表があった。

   驚いたことにそのトップになったのは、

   三島由紀夫の書いた「金閣寺」でもなく、平家の氏神「厳島神社」でもなかった。

 

   なんと「伏見稲荷大社」だったのだ。

   世界は不思議だと、つくづく思う他はない。

 

   世界中で読まれている「1Q84」には、きっと ” ウインダム ” が憑いている。

 

 

 

 

 

登録日時:2014/08/08(03:09)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。