収益性
49
活発度
65
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
76

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ327件目 / 全1710件次へ »

小林世征(としまさ)流 強運速得術

今日は、ム~民一族な話をしよう。

「ムー7月号」から。

「ツイている人からツキをもらう」というコンセプトで、

小林世征という霊能者が関与した実用スペシャルだ。

 

その中の「自分の住まいをパワースポットに変える」という項目の中で、

部屋に置いておくべき作家の作品という部分があった。

 

そこには、三人の作家が挙げられていた。

その筆頭はノーベル文学賞に手が届きそうな村上春樹、

以下、司馬遼太郎と池波正太郎となっていた。

 

そういえば思い当たる節があって。

村上春樹の作品をこのところずっと読み続けているのだが、

読めば読むほど、仕事運が上昇しているところだ。

 

やることなすこと、次々に当たっていって、

結果的に今年度は、異例の高評価を頂くことができた。

不思議である。

 

因みにこの小林世征という霊能者は、

他にも定番のコラムを持っていて、

そこには小林へのダイレクト携帯番号が明記されている。

 

これは、凄いことだ。

悪戯電話があったら・・・と思って、普通は躊躇するだろう。

それを、敢えて掲載している。

 

余程、自分の霊能力に自信があるという証左なのかもしれない。

つまり、もしも悪戯電話があったとしたら、

陰陽師的な手段を講じて、相手を懲らしめることができたりするのだろう。

きっと小林世征の背中にも、あの ”ウインダム” がいるのだ。

 

今度、直電して、

鵠沼のモロボシダン夜会に招待してみようかと思ったりしている。

小林世征は、ジャズとシャンソンと、どっちが好みなのだろうか?

 

PS:スペイン酒場で昨日、元新聞記者で元作家な森さんは言っていた。

   「君のいう例の新聞小説を読んでみたよ。ありゃ~本当にひどいな。

    品位も何もあったもんじゃない(以降永遠に続いたので、省略)」

 

   こんな作家の作品を家に置いていたら、悪運がはびこって仕方がない。即処分だ。

   この作家は今後、義経公を貶した嵐山光三郎のように、急降下していくことだろう。 

 

   その反動で、西原理恵子や三浦しをんの株は、急上昇していくはずだ。

   特に西原理恵子のキップの良さは、粋だと言うより他はない。

   その話は、次回にしよう。

 

 

登録日時:2014/06/16(02:17)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2014/06/16(10:13)
    初めまして。こんにちは。
    私もツイている人からツキをもらうようにしていますし、ムー民でしたので、つい、訪問し、読み入ってしまいました。
    これからも、時々訪問させて頂きますので、よろしくお願いします。
  •  通報する

    2014/06/17(02:56)

    時間の魔術師さん、こんばんは。

    とても素敵な名前ですね。

     

    こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。