収益性
49
活発度
64
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
75

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ335件目 / 全1710件次へ »

「The Catcher in the Rye」

「フラニーとズーイ」の方が、ずっとオモロイと思った。

特に前半部分は退屈きわまるほどだ。

 

ところが「フラニーとズーイ」のときのように、

女の子が登場してくる段となると、とたんにオモロクなってしまう。

妹のフィービーが絡むところなんだけど。

 

その人物描写と会話に、なんともいえない魅力があるのだ。

(こういうところが、春樹訳マジックなのかもしれない)

そういう描写と会話の部分が、盗みどころなのだと思う。

 

また、ストーリーの展開具合は、

読めば感じるが直感的に書かれており、

そういった書き方を村上春樹は若いときに盗んだと思われる。

 

★「キャッチャー・イン・ザ・ライ」

  D.J.サリンジャー著 村上春樹訳 白水社 880円+税 

  2006.3.31.第1刷 2012.3.15.第13刷

 

原作者の要望により、解説を書くことが許されなかったという。

なぜなのだろう?

 

この作品を読んでいるはCIA云々という、

都市伝説が邪魔したのだろうか?

登録日時:2014/06/05(02:31)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。