収益性
50
活発度
59
人気度
52
収益量
50
投稿量
92
注目度
66

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ363件目 / 全1720件次へ »

古書の相場感覚

「ハリー・ポッターと賢者の石」初版(500部)、30,000ドル。

「ルイス・クラーク探検記」初版、139,000ドル。

「ロリータ」ナボコフの自筆献辞入り謹呈本、264,000ドル。

「戒めの書」モルモン教『教義と聖約』の基になる本、200,000ドル

**********************************************

★「本を愛しすぎた男 ~本泥棒と古書店探偵と愛書狂~」

  アリソン・フーヴァー・バートレット著 訳:築地誠子 原書房 2,400円+税 より抜き書き

 

他にもいろいろ古書の値段が、要所に書かれている。

問題小説「ロリータ」や、「戒めの書」に関しては

オモロイ逸話が添えられていたが、詳細は実物の書籍でお読みくだされ。

 

動機は不純なのであるが、「ハリー・ポッターと賢者の石」の結果から、

最近とても少なくなっている初版の芥川賞や直木賞作品は、

その後の作家の活躍次第で、将来の値がつり上がることが想定される。

 

出版業界もピンチということで、

こういう視点も少しばかりクローズアップして、

ささやかな射幸心を煽るなんてマーケット手法も、なくはないだろう。

 

神田神保町へ行って、相場観を少し養ってみようか。

 

紹介した書籍によれば、稀覯(きこう)本コレクターというものは、

その中身を読んで感動することなど、ほとんどないと言ってよく、

あくまでも外装のゴージャス感だとか、値段にこだわるのだという。

 

いやいやホントに、動機は不純なのであるが。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    古書の相場
登録日時:2014/04/24(03:05)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。