元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ324件目 / 全1667件次へ »

総発行部数3億5千万の男

おいおい、ちょっと計算させてくれ。

アバウトに一冊500円として、その印税はっと・・・

3億5千万部 × 500円 × 10% = すっごくたくさん円

内田康夫より、すっごいやんけぇ!

 

しかも、その男の書き方ときたら、尋常じゃぁない。

どうやら変幻自在、どんな書き方でも、そしてどんな分野でも書けるようだ。

 

たとえば。

たくさん連載を抱えていて、

もう時間もないし、新規連載の題名だけ編集者に伝えて確定し、

ストーリーとかキャラのことは後から考えたとしても、すんなり書けてしまう。

しかもそれが、売れてしまう。

 

実はこのあいだ、NHKで夜に時代劇をやっていたんだ。

残念なことに、最終回だったのだが。

主演は、あの「義経伝説」で義経を演じていたタッキー。

義経ファンなオイラは、彼をすごく贔屓しているのだけれど、

それだけでなく、ストーリーがかなりオモロかったんだな。

それは、「ネズミ小僧」のリメイク版だったんだ。

 

で、番組の最後に流れるテロップを視て、驚いた。

原作者が、表題にある3億五千万の男だったからだ。

 

それと、この男はとってもおしゃべりだ。

********************************************

広い意味では、ミステリー的な要素っていうのはエンターテイメントを書く上では役に立つし、

大切だと思うので。今は、ミステリーの要素がすごく拡がっちゃってね。それは僕のせいでもあるんですけど。以前はミステリーって言うと、松本清張さんみたいな社会派か、横溝正史さんに代表されるような、名探偵が出てきてややこしいトリックを使ったりする本格もの。そのどっちかでなければ、ミステリーって言わない感じだったんですけど。今は、犯罪が出てくればミステリーって感じですよね。

ただそれだけ広がったために、ミステリーは廃れないっていうのもあると思います。SFは一時はブームになったけど、尻すぼみになってしまって、一時は四誌か五誌あったSF雑誌はほとんどつぶれちゃった。今は、サイエンスの部分が抜けてただのファンタジーになってしまって。そういう点で、ミステリーっていうのは息が長いんですよね。広く犯罪をとりあげえていればミステリーって言っちゃうんで。

僕も大変ですよ。長い連載やってて、終わる頃に「さてどうやって終わろうか」なんて、大体三分の一になるくらいまで、自分で書いてても犯人がわからないですからね。「誰にしようかな?」みたいな。

だから最後になってつじつまを合わせるのが大変。どうしても合わないとこはしょうがないから、本にする時にゲラで直したりしますけど。

*********************************************

 

★「作家の決断」

  阿刀田高編 文春新書 850円+税 2014.3.20.第一刷

  「赤川次郎」P180~181より抜粋

 

他にも参考になることが満載、んとにおしゃべりな男。

いろんな作家のイイところを盗まないで、どー書けっていうんだ。

一応、あがくだけあがいてみるのだ。

 

オイラが一番書きたいことは、

SFバージョンでは実名が祟って予選落ちではあったが、

上の話から、ミステリーにもなるってことがわかった。

オカルトにもできると思う。

真面目に書けば、純文学的な私小説にだって書けるだろう。

 

そんな風に想うと、楽しくなってくる。

赤川次郎の話から得たことって、けっこう大きいぞ。

一粒で、何度もおいしいぞ。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    赤川次郎
登録日時:2014/04/05(01:14)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。