収益性
54
活発度
55
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
57

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ428件目 / 全1733件次へ »
ブログ

小説書くために、今日はゲイ・バーに行ってみた

「Mr.Bunny」という、藤沢駅南口にあるゲイ・バー。

どーも、どこかでみたことのあるスタッフだと思って、訊いてみたら、

「ええ、そーですとも、TVに何度か出ています」という返事。

 

このあいだ行ってみた、キャバクラより料金が安い。

(キャバクラの若い女性も、その性格の良さに感心したものだが)

しかも、なんだか不思議なくつろぎ感があるのは、何でだろう。

 

みんな個性的なスタッフで、興味をそそられる。

数時間を過ごす内に、オイラも昔抱いていた不思議な感覚を思い出して。

(オイラは、男子校にいたもので、そーいう感覚)

 

高校生の若さという武器に匹敵するかも知れない、

ホルモン注射の威力は凄いぞ。

 

ちょいと、そのスタッフの1~2人に、ヤバイ感情を抱いてしまったことを告白する。

もっと言ってやろう。

そのほかのすべてのスタッフも、人間としてとても魅力的だ。

 

大島渚監督の作製した「戦場のメリークリスマス」。

この内容を理解できる人なら、オイラの抱いてしまった感情をわかるはずだ。

つくづく、オイラはバイだと認識した日なのであった。

 

PS:「江戸人の性」という書籍を読んだ。

   平安時代だけでなく江戸時代まで、

   戦国武将や天皇は、ゲイorバイだと、よくわかった。

 

   ★「江戸人の性」

     氏家幹人著 草思社文庫 650円+税 2013.12.09著

 

PS2:もっと言っちゃおうか。

   塩野七生のエッセイによれば、ギリシャ・ローマ時代もゲイ&バイだらけだ。

   明日命を失うかも知れないという環境では、そーなって当然なのだ。

2件のコメントがあります
  • イメージ
    天井の節穴見てみなせいw

    昔、話題になったのは11PMという番組の中で変なおっちゃんが鯉を●●●ってさ。
    昔読んだ本に、漁船で遠洋に出る場合マンボウだったかエイだったか・・・・・w

    え?なになに?
    馬並み?
    そりゃおみそれしました~w
  • イメージ

    店の梅宮という大ママから、

    小説を書くのなら実名で店と大ママのことを書いてもいいと

    承諾を得ました。

     

    彼女は、新宿2丁目や銀座での勤務経験があるようで、

    これからの取材が楽しみです。

     

    また、鎌倉にお店を出していた青江ママのことも

    少し聞いたのですが、

    これも小ネタとして貴重な話だと思われました。

     

    どーも夜のお店に勤務している人たちは、

    あまり小説を読まないようです。

     

    この角度からみると、

    オイラは各出版社の代理営業マンのような役目もあるようです。

    完全なる、読者の新規開拓という、これは営業です。

     

    このゲイバーでは特に、

    大沢在昌の「新宿鮫」を推薦してきました。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。