収益性
54
活発度
53
人気度
52
収益量
51
投稿量
94
注目度
61

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ432件目 / 全1738件次へ »
ブログ

何なんだ、この雪害は・・・

雪国に生活している人は凄いと思った。

関東圏の人は、もうまいった。

 

朝、店までタクシーで通勤となった。

それも奇跡的に電話で捕まえたタクシーだった。

 

帰りは、最寄りの本厚木駅まで徒歩で帰った。

体中に吹き付けてくる雪で、

脳天まで寒さがしみ渡り、死ぬかもしれないと思った。

オイラの耳は、もう東証で、いや凍傷で腐りそうな勢いだった。

どこのタクシー会社に電話をしても、話し中だった。

 

本厚木から、海老名まで小田急線で移動し、

そこからタクシーあるいは徒歩で帰る覚悟だった。

が、いざタクシー乗り場で並んでみると、もう寒さと疲労で死にそうだ。

タクシーは、30分に1本くらいしか来ない。

オイラの前には、100人以上並んでいる。

 

「もう、ダメだ・・・」

そう思いながら辛抱して、数時間が経っていた。

オイラの後ろの並んでいた婆様も、もう限界なご様子。

 

そこへ、「用田経由・長後行き」

という電光掲示板のバスが、目の前を通り過ぎた。

 

しばらくオイラは、寒さで凍えきり、ボオーっとしていた。

が、「おいおい、これでなんとか帰れる」という声が聞こえてきて、

そのバスに駆け込んだ。

 

運がイイ。

 

用田辻までバスで行って、自宅まで歩くことになるが。

帰宅途中、暖かなネオンが瞬いていた。

「ヒラソウル」

スペイン語で、「ひまわり」という意味だ。

 

熱燗を飲まないと、もうオイラは死んでしまうという思いで、その扉を開くと・・・。

 

このあいだ逢った三浦しをんの友人だという、あのベトナム姉ちゃんが、

倅を連れてどんちゃん騒ぎをしているではないか!

 

「お前なぁ。。」

 

オイラがそう声を掛けると。

「こんな大雪の日に来るんか、あんた!、etc」

という、堪能な日本語が帰ってきた。

 

それは、こっちが言うセリフだと思ったが。

なべ物などご相伴に授かったので、余計なことは言わないでおいた。

 

オイラは独自に帰宅したが、

キャツらは、スペインママの自宅にお泊りらしい。

オイラなんぞより、キャツラはずっと付き合いが長いのもので。

 

 

2件のコメントがあります
  • イメージ
    ikechandesuさん (-0.02point)
    2014/02/09(07:17)

    おはようございます

     

    それでも、明日には、とけるでしょう。

     

    こっちは、毎朝、顔が寒さで痛いです。

    今月は、朝はマイナス10℃以下、日中の最高気温もマイナス5℃、

    その上、今も雪が降っており、今日は1日3回は雪かきです。

    これも2月いっぱいかな・・・

     

    以上、岩手盛岡から報告でした

     

     

  • イメージ
    おはようございます
    東京は24cmとか・・・・お疲れ様ですね^^;

    こちら、福井はたった5cm・・・・例年にない積雪の少ない冬です^^
    雪国育ちの人間は 「だまって黙々と働く」というのが定説ですね

    寒さをこらえ、雪に耐え、どんより天気の下で働いています・・・何十年も・・

    知人の老人は生活のため道路工事の交互通行の旗振りをしてます
    夏は黒く日焼けし、冬はオシッコがまんしながら・・・
    何が楽しみでそんな仕事を続けられるの?って聞いたら、仕事が終わって温泉にながく浸かってから飲む中ジョッキのビールが最高なんですって

    同じ雪国に住んでて、へえ~と思いましたよ




コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。