ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ119件目 / 全3060件次へ »

舛添代表の「新党改革」 政党助成金で借金返済 法令違反?

都知事選挙に立候補予定の舛添氏

舛添氏が代表を務めていた「新党改革」が、政治資金規正法で禁止されている政党助成金を借金返済に充てる行為をしていたと、赤旗が報じているようです。

 

全都知事の猪瀬氏は、政治と金の問題でマスゴミから強いパッシングを受け辞職を迫られたわけですが、マスゴミさんが推す舛添氏にも政治と金の問題が噴出した形ですがどうしますかね?

また報道しない自由を駆使しますか?

 

一方マスゴミさんがもう一人の有力候補と推す細川さんは、佐川急便から1億円の献金問題で首相を辞任した人でした。首相辞任したんで追及が中途半端に終わった経緯があるんですが、こちらも報道しないんですかね?

 

こういう時の赤旗の調査能力ってすごいなと思いますわ。

 

しかしこれが事実ならまともな候補者って田母神さんしかいなくなるじゃん。

 

 

 

 

政党助成金で借金返済舛添氏の「新党改革」政党支部→資金団体と迂回

 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-21/2014012115_01_1.html

 

 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への立候補を表明している舛添要一元厚生労働相が結成した「新党改革」が、借金返済に使うことを禁じられている政党助成金や立法事務費で借金返済を行った疑いがあることが20日、本紙の調べで分かりました。舛添氏は、借金返済時の同党代表。猪瀬直樹前知事の「徳洲会」グループからの5000万円提供問題で「政治とカネ」の問題が争点となっている都知事選で、舛添氏の資格が問われます。



(写真)新党改革本部が入居するマンション=東京・港区赤坂

国民の税金が

 新党改革の政治資金収支報告書(2010~12年分)によると、2010年に銀行から2億5000万円を借り入れ、10年に1億5000万円、11年に5200万円、12年に4800万円をそれぞれ返済し、完済しています。

 同党の毎年の収入は平均1億5000万円ほど。この8割にあたる約1億2000万円が国民の税金である政党助成金です。

 政党助成法では、政党助成金を借金の返済に使うことを禁じています。

立法事務費も

 同党に、国会議員の数に応じて各会派に支給される「立法事務費」が毎年1560万円支給されています。立法事務費は「国会議員の立法に関する調査研究の推進に資するため必要な経費」としており、借金返済に充てることは目的外使用です。

 政党助成金や立法事務費を除く同党の収入は、11年が2570万円ほど、12年が1500万円ほどにすぎません。3年間で2億5000万円の借金を返済するのは不可能です。(上図参照)

 そのため、政党助成金を舛添氏と荒井広幸参院議員(現、同党代表)の資金管理団体に迂回(うかい)させた資金操作と立法事務費の目的外使用の疑惑が浮かびあがります。

 11年分の同党の支出を見ると、舛添氏と荒井氏が支部長の政党支部に、それぞれ4100万円という多額の支部交付金を支給しています。この原資は、政党助成金です。

 政党支部に支給された「交付金」は、両氏の資金管理団体である「グローバルネットワーク研究会」と「荒井広幸後援会」を経由、迂回させて、計1800万円が同党に還流する形となっています。(下図参照)

 翌12年も政党支部と資金管理団体を経由した資金1575万円が同党に還流しています。

個人献金還流

 また、舛添氏は1015万円(10~12年)、荒井氏は940万円(同)の個人献金を同党に行っていますが、両氏は同党から「組織対策費」として、12年にそれぞれ800万円を個人で受け取っています。党収入の8割が政党助成金であり、両氏の個人献金もほとんどが政党助成金を還流させたものといえます。

 政党助成金を原資とした迂回献金が、借入金返済の不足分にあてられたのではないのか―。

 本紙の取材に舛添氏の事務所から、期限までに回答がありませんでした。新党改革は「政治資金規正法に違反のないよう適切に対応しております」としています。



  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    政治
登録日時:2014/01/21(17:04)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。