元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ414件目 / 全1681件次へ »

いにしえの芥川・直木賞、初版書籍とその価格

「なんでも鑑定団」の再放送を視ていたら、

表題の件について鑑定がなされていた。

 

神社の神主さんが集めたという100冊程度であっただろうか初版書籍に、

1,200万円という値段が付いた。

 

出版部数も影響するようだが、

いまや現存しているのは全国で3冊だけだろうと想定されていたとある書籍には、

それだけで250万円という価値が付いていた。

また、帯が付いているかどうかも大きく価値を左右するという。

 

大沢在昌の書籍によれば、

芥川賞といったって、初版数がとても少なく印税もたいしたことがないから、

取ったといって喜んでいる場合ではない、数年後に消えてしまう作家が大勢いると言っていた。

 

しかし、古本の世界では、その少ない初版数がものをいうという、

作家と出版業界にとっては皮肉な結果となっているが。

 

こういう古本の世界を知るにつけ、

電子書籍の世界ではあり得ない価値が大きく膨らんでくるという、

これは出版業界にとっては福の神となるのであろうか、誠に微妙なところだ。

 

初版書籍の価値、これが営業トークになる日は来るのであろうか。

 

PS:賞を取っていなくても、一冊で2,000円以上する出版部数の少ないに決まっている

   ハードカバーものも、書かれている内容によっては将来価値があるものも・・・。

   ちょいと神田まで繰り出して、古本屋巡りをしてみようかな。。

 

PS2:周りにある書籍に目を光らせると、これぞと思うものが幾つかあった。

    「文士の友情」安岡章太郎著 新潮社、これはもらったと思って、

    発行記録を探ったら、第二刷だった。にゃぁぁあああ。。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/11/25(01:16)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。