収益性
50
活発度
59
人気度
53
収益量
50
投稿量
92
注目度
68

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ469件目 / 全1717件次へ »

「河童の挑戦」 佐賀県・ハガ氏によるもの

小林秀雄の「作家の顔」をやっとこさ読み終えようとした折り、

TVにてたった今、流れていた番組。

 

思わずコーヒーが口から吹き出た。

スペイン酒場で出会った元作家・カッパ先生は、佐賀出身なのであった。

カッパ先生は若い頃、佐賀県に同郷の北方謙三を呼んで講演を企画した経験の持ち主。

森繁久彌も呼んだことがあって、そのギャラが当時で300万円だったというから驚きだ。

 

このカッパ先生とハガ氏を結びつけたら、

北方謙三も巻き込んで、なにかオモロイことにならないかと、

オイラは思った。

きっとハードボイルドな河童君が、生まれるだろう。

 

佐賀県でなんで河童なのか、道理がわからないのだが、

これは河童が結びつつある縁かも知れない。

 

ただ、ハガ氏がムービーにした河童は、正直言って気持ちが悪い。

悪趣味というほかはない。

もっと、かわいいキャラにしないと、どーにも無理だと思う。

かわいいキャラなのに、北方謙三風のハードボイルド。

きっと不思議なハーモニーが醸し出されるだろう。

 

それと、せっかく佐賀県なのだから、

佐賀県といえば鍋島藩、

つまり「化け猫」伝説を使わない手はないだろう。

その際も、「化け猫」キャラは可愛くなくてはならない。

 

今やネコキャラは人気なのだから、

それをひねった「化け猫」キャラをうまく生み出すことが出来れば、

オモロイ企画も立とうというものだ。

 

今度カッパ先生に、この話をしてみよう。

 

PS:でも先生には、オイラがこのブログで彼をカッパ呼ばわりしているのが、

   バレてはならない。

 

   彼は平塚から自転車でスペイン酒場に来るという。

   オイラは嘘だと思っている。

   彼は相模川を逆流し泳いで来ているにちがいない。

   自転車は、酒場から近所にある支流まで乗るに過ぎないんだろう。

   ってことは飲んでいる翌日、河原にて自転車を発見すれば、オイラの仮説は事実となるのだw

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/10/07(02:47)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。